鯛めし 魚匠銀平@東心斎橋周防町

周防町に魚の美味しい店があると聞いて出掛ける。鯛めしが名物らしい。和歌山が本店だが,大阪・東京と手広くやっているらしい。
心斎橋店は,よく前を通るコンフォートホテルの地下。入口も高級店ぽいが,中も和風の造りでゆったりと空間が取ってある。カウンター,テーブル席,仕切られた小上がりの座敷席などとあるが,1人なのでカウンター席に案内される。椅子を2つずつ近付けて並べてあるカップル仕様だな。

生ビール@魚匠銀平

取り敢えず,生ビール。サッポロ黒ラベル。お酒にこだわった店というほどではないが,そこそこ置いている。通常の日本酒以外に地酒が6種。今回は,広島の「富久長 秋櫻 ひやおろし」と,高知の「安芸虎 ひやおろし」と,純米吟醸を1杯ずつグラスでいただいた。

突き出し@魚匠銀平

突き出しも残りモンっぽくない。もずく・枝豆・魚肉揚げ団子・チーズ。魚団子が揚げたてで旨い。これは期待できるなぁ。

造り盛り合わせ@魚匠銀平

夜9時前と遅い時間に入店したので,お造りはもう盛合せしかないという。なお,この店では仕入れた魚をその日のうちに使い切るため,8時以降の入店は魚料理は半額になるそうだ。
で,上の写真は,お造り盛り合わせの一番量の少ないヤツと頼んで5種1切れずつ。かつお・ひらめ・いか・さえずり・鱧湯引き。いや,評判通り旨い。鯨さえずりは初めて食べたかなぁ。ねっとりとした脂の旨味を味わう。ランチは安い値段でこのレベルの魚が出て来るそうだ。

鯛めし@魚匠銀平

〆は名物の鯛めし。米・水・出汁にこだわったという。ナメコの味噌汁と香の物付き。炊き上げるのに40分以上かかるというので最初に注文しておいた。
いや,確かに旨い。炊き込みご飯自体も旨いが,椎茸昆布も絶品。一緒に食べると食が進む。小茶碗2杯分あった。
以上で,お勘定は5,099円。

店舗外観@魚匠銀平

店舗外観。コンビニ「ポプラ」の横の吹き抜けの階段を降りると3軒ほどある飲食店の一番奥。

魚匠 銀平 (うおしょう ぎんぺい) 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より心斎橋筋商店街を南(右)へ,2ブロック先最初の信号を東へ左折,周防町筋を2ブロック行った先の道の左側コンフォートホテル地下飲食店街。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-15-15 ファルコン心斎橋ビルB1
電話: 06-6120-5553 / 050-5785-1605
営業時間: ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 日曜日(盆休みなど有り)
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

朝鮮料理 チヂミ@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子(あびこ)の駅近に去年出来たお店。よく通る道なのでずっと気になっていたが,店名が「チヂミ」なので「チヂミ(朝鮮お好み焼き)」専門店かと思っていたら,居酒屋らしかった。で,例によってたまたま通りかかると店員さんが表にいた。「ここ何ですか?」と聞くと「韓国居酒屋です。よかったらどうぞ」ということで入店。
そんなに広くはない店舗。1階はカウンター4席+予備?が3席,5人掛けテーブル1卓。厨房裏の階段を上がって2階にもテーブル3卓があるそうだ。

生マッコリ@チヂミ

取り敢えず,カウンターの隅に座って「マッコリ」。「生マッコリ」\420(以下税別),「おこげマッコリ」\420,「ソウルマッコリ」\420。他にも韓国焼酎から日本酒・焼酎・ワインまで,種類は多くないが一通りは揃っている。
で,今回は「マッコリ」を攻める。最初に飲んだ「生マッコリ」が旨味もあって一番口に合った。「おこげマッコリ」は名前の通り,米を焦がして作ったという風味。初めての味だな。飲みにくくはない。どこにでもある「ソウルマッコリ」は辛口過ぎて口に合わなかった。

突き出し@チヂミ

突き出しは,固めに焼かれた厚焼き玉子と白菜キムチ。キムチはそんなに辛くない。後味に少し辛味を感じる程度。お箸は朝鮮風に金属製。スッカラ(匙)の用意もある。

チャプチェ@チヂミ

で,前菜代わりに,朝鮮料理を食べる時はいつも頼む「チャプチェ」(春雨の炒めモノ)\480。最初に「うちのは甘いです」との注意があるが,取り敢えず試してみる。その場で調理した熱々。確かに甘かった。朝鮮料理はあまり食べないが,それでも初めての甘さ。でも完食。

海鮮チヂミ@チヂミ

店名が「チヂミ」だし,入店直後に「チヂミ」を勧められたので「海鮮チヂミ」\700をいただく。が,甘く考えていた。普通チヂミって薄~いパリパリのやつじゃない? ここのは1.5cmの厚みはあった。途中で酔っ払って来たので食べきれない。持って帰るかと聞いてくれたが,帰ってからも食べる自信はないということで,申し訳ないが少し残してしまった。

店内@チヂミ

スタッフは店長らしき女性とバイトらしき女の子。店長は日本語が少し違うので聞いてみるとニューカマーだという。逆にバイトの女の子は朝鮮語がまったくダメなようだ。2人が背中に「南森町店」と書いた揃いの黒のスタッフTシャツを来ていたので聞いてみると,「南森町店」が1号店で,我孫子は2号店だという。
チャプチェとチヂミを食べたが,今までの朝鮮料理店で出会った料理とはだいぶ違う。たぶん店長のお家の家庭料理を出しているようなお店だ。

韓国風居酒屋 チヂミ あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へすぐの十字路を北へ左折。道の右(東)側,1ブロック行く手前の路面店。徒歩1・2分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-14-18
電話: 06-7182-5915
営業時間: ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:00~24:00(夜は5時頃~11時以降お客さん次第で翌1時ぐらいまで)
定休日: 木曜日+不定休
喫煙: 可
リンク: Facebook 地図 
 ← ランキングに参加しています。

カス玉 カクショウ@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子(あびこ)のお好み焼き・焼そばのお店。昔からある。

カス玉@カクショウ

取り敢えず生ビールをお願いして,お好み焼きは「カス玉」\930(税込)。「油カス」とは河内地方の名物で,ホルモン(牛の腸)を油でカリカリまで揚げたもの。脂分が落ちてヘルシー。独特の歯応えと噛んだ時のジューシーさが旨い。大阪市内ではあまり食べないが,河内は隣国なので市内でもたまに「カスうどん」のお店を見かける。
ここのお好み焼きは,ソースが旨い。生地はちょっとゆるふわだが,粉モン感も充分にある。キャベツのシャキシャキとした噛み応えも良し。

店内@カクショウ

たまたまお客さんがいなかったので店内写真。ゆったりくつろげる4人席のテーブル3卓とカウンター8席ほど。
長居公園通を走っているときに喜連瓜破辺りに同じ名前の「カクショウ」というお好み焼き屋があるので気になっていたのだが,聞いてみると平野区の方は先代と大将のお兄さんの店だという。こちらの我孫子の店はその弟さんにあたるそうだ。

店舗正面@カクショウ

店舗外観。我孫子筋沿い,駅からちょっと歩く。

カクショウ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より,我孫子筋東側歩道を北へまっすぐ,苅田3丁目交差点の少し先,徒歩6・7分。JR阪和線我孫子町駅からもちょっと遠いが歩ける距離。
住所: 大阪市住吉区苅田3-16-26 吾彦マンション1F
電話: 06-6692-9959
営業時間: 17:30〜翌2:00
定休日: 火曜日(祝日は営業)
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

フォアグラお好み焼き くれおーる別館@千日前

道頓堀のたこ焼のお店「くれおーる」の支店。鉄板焼・煮込み料理をメインに前菜からのコースのいただけるお店のようだ。千日前商店街と相合橋筋とを繋ぐ路地に面している。

ヱビス生ビール@くれおーる別館

取り敢えず生ビール(ヱビス)\500(以下税込)。ヱビス黒など各種ドリンクがメニューに並んでいる。
で,料理は,前菜から始まって鉄板焼系が色々あるが,気になるのは「キャビアたこ焼(生雲丹乗せ)」5個\1,800,「フォアグラのお好み焼き」レギュラー\1,800/ハーフ\1,000,「トリュフ焼そば(塩味)」\1,980。他のメニューも高めだが,これらは別格だな。
で,フォアグラが好物なので「フォアグラのお好み焼き」をオーダー。大・小ありますが,ということでレギュラーでお願いする。

おつまみ@くれおーる別館

15分ほど掛かりますのでビールのアテにどうぞ,と上の写真の一皿をサービスしていただく。チャーシューと貝柱。特にチャーシューがいけます。ありがたい。

フォアグラのお好み焼き@くれおーる別館

メインの「フォアグラのお好み焼き」(レギュラー)。お好み焼きにフォアグラが4切れ乗っている。お好み焼きの生地はとろふわなタイプ。上のフォアグラだけつまんでいただくと,表面カリッと中はトロリの結構な焼き加減。フォアグラの濃い味が口の中に広がる。旨し。お好み焼きにフォアグラを乗っけていただくと,ベストマッチとはいかないが,これもアリというところ。

店内@くれおーる別館

店内はカウンター席とテーブル数卓だが,空間をゆったり取ってあって居心地がいい。

店舗正面@くれおーる別館

店舗正面。1階が今回入った「くれおーる別館 ボン・ヴィヴァン」だが,2階は完全予約制の「くれおーる法善寺前本通り店」と別の支店になる模様。

くれおーる別館 ボン・ヴィヴァン
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。大阪市営地下鉄御堂筋線14号出入口(階段)または15-B号出入口(エレベータ・エスカレータ)より namBa HIPS(パチンコアロー)の北の路地を東へ真っ直ぐ。戎橋商店街を横切り,法善寺水掛不動へ参拝し更に東へ,千日前商店街を横切った少し先の道の右(南)側,徒歩4・5分。各線日本橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区千日前1-8-18 創食ビル1F
電話: 06-6211-2236 / 050-5788-7357
営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:30) / 土日祝のみランチ営業あり 12:00~15:00
定休日: 無休(ぐるなびには月曜日とある)
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

オフ会 サイゼリヤ@梅田

パソコン通信(死語)のオフ会で人生初サイゼリヤ体験。30年以上の付き合いの仲間6人で集まる。
名前だけは知っていたのだが,なんちゃってイタリアンのファミレスという印象。店内はそれなりの広さでファミレス風清潔さ。注文は幹事一任だったので,以下,料理名は不明。

エスカルゴ@サイゼリヤ

上の写真は名物だというエスカルゴ。うーん,学生時代のデート以来だな。

骨付きチキン@サイゼリヤ

骨付きチキン。いけますね。

スペアリブ@サイゼリヤ

スペアリブ。大抵の肉は骨の周りが旨い。

なんだったっけ?@サイゼリヤ

これはなんだったっけ? 実は食べてみても分からなかった。野菜も摂れと言われたので,トマトもいただく。

ムール貝@サイゼリヤ

ムール貝。ファミレスとしては上等。

クリームスパ@サイゼリヤ

イタリアンだから,パスタは必須だな。クリームスパゲティは好物。旨い。

アイスとゼリー@サイゼリヤ

〆のデザートは,アイスとゼリー。そうそう途中で取ったパンが美味しかったのも特筆。
と,3時間食べて,ワインをガブガブ飲んでも,3千円でお釣りが来るとは安い。評判通り。

ホテル玄関@サイゼリヤ

御堂筋東側歩道から梅田OSホテルに入り,3階直通のエスカレータで上がると,上の写真,ホテル正面玄関。ロビーに入ってフロント左奥がサイゼリヤ入口。ホテル内レストランという位置付けか?

サイゼリヤ 梅田OSホテル店
アクセス: 大阪市営地下鉄谷町線東梅田駅6号出入口から南へ1分の梅田OSホテル3階。ホテルロビーの左奥。
住所: 大阪市北区曽根崎2-11-5 梅田OSホテル3F
電話: 06-4709-8660
営業時間: 7:00~23:00
定休日: 無休
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。
FC2カウンター
フリーエリア
人気ブログランキングへ
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [長堀橋] [南船場] [堺市] [堀江] [西天満] [南森町] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR