牛カツ 京都勝牛@西心斎橋

先週は難波の「もと村」で牛かつを頂いたので,今週は食べ比べのため,西心斎橋の「京都勝牛(かつぎゅう)」へ出かける。もと村は「牛かつ」だが,こちらは「牛カツ」だな。牛カツ専門店「京都勝牛」は,福岡から仙台・韓国まで手広くやっている大手チェーン。大阪にも10店舗があるようだ。
で,土曜日の午後7時過ぎと,結構飲食店的にはゴールデンダイムに入店したのだが,カウンター・テーブル合わせて37席あるらしい広めの店内は,私の後から増えたが入店時は3割ほどの客の入り。厨房正面のカウンター席にゆったりと座る。明るく清潔そうな店内で,席も狭苦しくはない。ミナミの常として東アジア系観光客はデフォルトで。

メニュー@京都勝牛

取り敢えず,上の写真,メニューを拝見(クリックで拡大)。ここはお肉に「ロースカツ」「黒毛牛カツ」「特上黒毛和牛サーロインカツ」と3ランクあるようだ。前2つは輸入肉かな。「もと村」と比較するため,同ランクと思えるスタンダードな「牛ロースカツ京とろろ膳(並)130g」\1,380(税別)を注文。

牛カツの美味しい食べ方@京都勝牛

カウンター上には「牛カツの美味しい食べ方」という案内が(クリックで拡大)。基本4種の味で楽しむようだ。

調味料類@京都勝牛

カウンターの調味料類。後列は左から,キャベツ用のドレッシング,牛カツ用のソースと醤油。前列,すり胡麻・七味で味変も出来るよう。

牛ロースカツ京とろろ膳@京都勝牛

で,上の写真が給仕された「牛ロースカツ京とろろ膳」。牛カツの付け合せは至って普通のキャベツ千切りと多めのワサビのみで,好物のポテサラはなし。あれ,食後の口直しにいいんだが。後は,赤出汁,麦飯,ととろ,和風カレーつけ汁。山椒塩は載っていたが,醤油とソースは自分で入れる。

牛カツ@京都勝牛

で,牛カツ。60秒で揚げたミディアムレアとかで,「もと村」の素のレアよりも火が通っているのが分かる。同じように一口サイズに予め細かく切られている。
まずは,わさび醤油,山椒塩,牛カツソース,和風カレーつけ汁と順に試していく。特筆すべきはカレー味かな。カツカレーが定番のメニューになっているように,カツとカレーは相性がよい。すり胡麻と七味は試し忘れた。
お肉自体はまあ「もと村」と同レベルのお値段相応かな。ただこちらはランクが上のお肉の用意もある。ミディアムレアの食感は,「もと村」で鉄板で炙ったときと同程度か。やはり私的には,いいお肉をレアで頂きたい。

ととろ麦飯@京都勝牛

麦飯には京とろろとやらを投入。予め醤油が入っている。やはり,とろろ麦飯に牛カツの取り合わせはご飯が進む。こちらは麦飯のおかわり自由なので食欲旺盛でも大丈夫。もちろん有料だが,牛カツの追加,とろろの追加なども設定あり。

南側地上入口@京都勝牛

東邦ビル南側の店舗入口。ビルにとっては裏口だが,お店的にはこちらが正面玄関。北側長堀通沿いの東邦ビル正面玄関入って左奥の小さなドアからも入れる(ドアに掲示あり)。

牛カツ専門店 京都勝牛 心斎橋駅前
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅8号出入口(ホテル日航大阪)より北(左)へ2つ目の角を左に入って直ぐ右側。地下1階へ階段を降りる。徒歩1・2分。長堀鶴見緑地線からなら地下街クリスタ長堀の南13号出入口を出て目の前の東邦ビル正面玄関からも入れる。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビルB1
電話: 06-4963-8315
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: なし
喫煙: 不可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

牛かつ もと村@難波

ビフカツといえば大阪の洋食の定番の一つだが,豚カツほどしっかりではないにしても普通に揚げられている。ところが最近,京都や東京から「牛かつ」というレアに揚げただけのビフカツが進出して来ているらしい。で,その一つ「もと村」というお店に行ってみた。東京で手広くやっている牛かつチェーンの支店だそうだ。
難波のビックカメラの西隣りの小さなビルの地下1階へ階段を降りる。行列店だと聞いていたが,階段の先にアジア系観光客が2名+3名だけ。5人の後に並ぶ。回転が速いらしく直ぐに何人もお客さんが出て来て,店員に呼ばれて前の5人が入店。列の先頭に立っていると,お店から出て来た店員にメニューを見せられ商品を選ぶ。基本,牛かつ定食のシングル(1枚130g)かダブル(2枚260g)かの二択。デフォルトで「とろろ」が付くが,とろろ抜きだと100円引き。メニューを決めてしばらく待つと別の店員がドアから出て来て店内に案内された。
店内はゆったりとした空間。厨房の前の7人掛けのカウンター席,フライヤーの正面の席に案内された。隣席との間隔も充分。後ろに壁に向いた3人掛けのカウンター席がある。奥にテーブル席があるらしいが,よく見えなかった。ネット情報によると4人席と2人席があるらしい。
って座ってみたら空席がいくつか。あ,これって噂のいわゆる「行列商法」だな。行列嫌いの大阪人には逆効果だと思うが。

牛かつ定食@もと村

で,今回注文「普通のとろろ付きの定食」\1,400(税込。そういう名前のメニューではなく,私がそう言って注文した)の内容。牛かつが1枚,やたらと細かく切られている。付け合せは超細切りのキャベツとポテトサラダ。牛かつにはワサビが添えられていて,タレは醤油と「山なんとか」のゴマダレ。とろろと香の物。麦飯と味噌汁。

レア牛かつ@もと村

ビフカツと違う「牛かつ」の特徴は,上の写真のようにレアに揚げられているところ。ステーキを頼む時はいつもレアの私的には歓迎。お店としても,手早く揚げられて客の回転を速められるいいアイデアだな。
で,まず一切れ,ワサビを乗っけて醤油で一口。続けてゴマダレで一口。うーん,そこそこ美味しい。価格なりの肉質。ただ,あえてレアでいただくなら,値上げしてでも、もっといいお肉を使った方が料理としての完成度は上がるかも。

カウンター@もと村

上の写真のカウンター奥にあるのは固形燃料で温められた鉄板。実は配膳の時に「初めてですか?」と聞かれて「初めてです」と答えると,食べ方を丁寧に説明してくれる。「お肉はレアですので,前の鉄板で焼いてください」とのこと。お店としてはデフォルトで焼いて食べろと言っているように聞こえた。まあ,2・3切れ焼いて試したが,肉質的にはこちらの方がご飯には合うかも。
カスターにはガリガリ削る岩塩と,千切りキャベツ用のソース,とろろにかける醤油。このソース,なかなかに千切りキャベツを美味しくいただける。

とろろ麦飯@もと村

麦飯に「とろろ」を投入。とろろはたっぷりあってこれは嬉しい。牛かつにとろろ麦飯の組み合わせは食がどんどんと進む。なお,麦飯は1杯に限りおかわり可だそうだ。

店舗外観@もと村

店舗外観。地下への階段のみなので看板を注視しないと見落とす。地上にも階段途中にもメニューがあるが,外国語がやたら目立って日本人にはちょっと不便。平日午後8時頃にはすぐに入れたが,通し営業なので行列の嫌いな方は中途半端な時間に行くのが吉かと。

牛かつもと村 難波店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。ビックカメラの西出入口(裏口?)の正面左の小さなビル1階にやたらと目立つ串かつ店があるが,そのビルの右裏口地下1階。地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩3分。
住所: 大阪市中央区難波3-3-1
電話: 06-6643-3313
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 年中無休
喫煙: 不可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

オムライス ポムの樹@なんばパークス

実は生のトマトは好きなんだけど,ケチャップやトマトソースはあまり好きじゃないんですよね,食べるけど。で,オムライスと言えば中身は定番はチキンライスなどケチャップ系なんだけど,オムライス専門全国チェーンの「ポムの樹」はケチャップライス以外にバターライスの選択肢もある。で,たまに利用している。

生ビール中@ポムの樹

取り敢えず,生ビール(中)\480(以下税込)。キリン一番搾り。
で,このなんばパークス店は店名に「Gold」と付く。何がGoldなんだろうと思っていたが,メニューを見て分かった。随分以前に入ったパークス店は,出来合いのいろいろな具が乗ったオムライスがズラッと並んでいたのだが,今はソースとトッピングを自分で組み合わせて選ぶシステムなんだ。もちろん出来合いの具のオムライスもいくつかメニューの他のベージに載ってはいる。

オムライス@ポムの樹

で,上の写真は私が組み立てたオムライス。バター風味ライスのクリームソース\890に,トッピングとして茸+\110とカニクリームコロッケ+\200。合計\1,200なり。やっぱりトッピングを追加していくと出来合いの具のオムライスより高くなるな。

オムライスをカット@ポムの樹

オムライスをカット。卵はちょっと厚めかな。カニクリームコロッケは衣がサクッと揚がっている。バター風味ライスとクリームソースもよく合う。クリームソースは茸とも相性がいい。

メニュー(オムライス)@ポムの樹

セレクト・オムライスのメニュー(クリックで拡大)。

メニュー(グラタン)@ポムの樹

これまた好物のグラタンもあった(クリックで拡大)。マカロニグラタンは定番だし,ライスグラタンもたまに見るが,スパゲティのグラタンは珍しいな。メニューブックには他の出来合いの一品のページもある。

ポムの樹Gold なんばパークス店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。南海難波駅南口(なんばCITY南館)西隣の商業施設なんばパークス6Fレストラン街
住所: 大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス6F
電話: 06-6636-8255
営業時間: 11:00~23:00(L.O. 22:00)
定休日: 不定休(なんばパークスに準じる)
喫煙: 不可(店外,同一フロアに喫煙所あり)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

ローストビーフ丼 レッドロック@アメ村

神戸を本拠に,博多から東京まで手広くやっているローストビーフ丼とアメリカンビーフのお店。アメ村の中心周防町筋の突き当りの三角公園手前の信号から南に1ブロック行った辺りにある。店内は中央にコの字型カウンター,周りに小さ目のテーブル席で計54席とそれなりのキャパ。黒を基調とした内装でパブ風。行列店だと聞いていたのだが,休前日の夕方6時台は空席の方が目立った。

黒ラベル生ビール(中)@レッドロック

取り敢えず,「黒ラベル生ビール 中」\400(以下税込)を。ドリンク類は安めの価格設定。

ローストビーフ丼(並)@レッドロック

で,上の写真がお目当ての「ローストビーフ丼(並)」\880のマウンテン。それなりの盛りで,大盛りの設定もあるが,普通の食欲ならこれで充分かな。ローストビーフ丼やステーキ丼などは,入店前に店外の券売機で食券を購入するシステム。
まずはお肉を一枚,何も付けずにいただく。うーん,すき焼きの割下を思い出させる風味が付いている。次にテッペンの卵黄を潰して,クリーム状のタレを絡ませていただく。まったりとした食感になるが,それほど際立った味付けではない。ご飯と一緒にわしわしいただいた。
このお肉は流石にローストビーフ専門店だけあって旨い。ただ,ご飯は,お米のせいか炊き方なのか,お肉の旨味に負けている。タレももう少しパンチを効かせた一工夫がいるかと。

店内メニュー@レッドロック

店内メニュー(クリックで拡大)。ドリンク・アテなどが並んでいて,食事の後のパブ使いも可能。こちらのメニューは店内にて現金で精算する。

店舗外観@レッドロック

店舗外観。人の写っている辺りが券売機と店舗入口。

Red Rock アメ村店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅7号出入口(心斎橋OPA)より御堂筋を南へ3ブロック。御堂筋八幡町交差点を西へ右折して,2ブロック行く手前右側の角のビル1階。徒歩6分。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-10-21 スパジオビルディング1F
電話: 06-6214-8119
営業時間: 11:30~23:00(L.O.22:00)
定休日: 年中無休
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

牡蠣焼そば 七つの壁@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子駅南口の3号出入口を出てすぐのお好み焼き屋さん。場末風ではなく,ちょっとオシャレな店。
お好み焼き・モダン焼・ねぎ焼き・焼そば・焼うどんとメニューの種類は多い。変わり焼きも数種。
ここは客席の鉄板で女性スタッフが焼き上げてくれるスタイルだが,焼そばなどは奥の厨房で男子スタッフが焼き上げて提供される。カウンター席はなく,全て鉄板のハマったテーブルの2人席が2つと4人席が7つ。1人客も入りやすく,2人席が埋まっているときは,4人席に案内されるが,混んでいても相席はしない。
で,具にこだわっていて,我孫子近辺では一番「具」が旨い店だと個人的に思っているのだが,冬は特に牡蠣が旨い。

牡蠣焼そば大盛り@七つの壁

今回は「牡蠣焼そば大盛り」。牡蠣の食べ方は酢牡蠣に始まって色々があるが,個人的には,この焼そばに入れたソース焼きが一番の好み。焼そばも麺がもっちり,ソース味もよく合っていて旨し。

牡蠣焼そば@七つの壁

牡蠣は,出始めは小さめが数個だが,旬には大きめが入ってくる。これをそのまま食べても旨し。麺と合わせても,ソース味の麺に染みる牡蠣の汁が旨し。どちらも納得の生ビール(プレモル)のアテ。

過去の「七つの壁」の記事:
    2014/08/15 : お好み焼き 七つの壁@地下鉄我孫子 

七つの壁
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3号出入口を出てすぐの路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-19 北野マンション西館1F
電話: 06-6697-8540
営業時間: 平日 11:30~23:00(L.O.22:15) ただし木曜日は17:00~ / 土日 11:30~22:30(L.O.21:50)
定休日: 無休(ただし繁忙期以外の木曜日はランチ営業休み)
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。
FC2カウンター
フリーエリア
人気ブログランキングへ
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [日本橋] [長堀橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [堀江] [南森町] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [北新地] [淀屋橋] [上本町] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR