焼肉 虎龍@心斎橋

5月15日(土)の訪問。久しぶりの焼肉。心斎橋の焼肉「虎龍(こたつ)」へ行く。それなりに美味しい黒毛和牛の焼肉が食べれる店として,ときどきお世話になっている。大丸本館の南東角から,1ブロック東へ,右に曲がって心斎橋郵便局の前を通って南へ1ブロック行く手前のグルメビル「セーナ」の8階。店内は手前から,個室・テーブル席・座敷と結構広い。
直前に電話で予約していたので,席へ案内されて,とりあえずのドリンク。私は「マッコリ」\400,ツレは「オレンジ100%ジュース」\350。

極上厚切タン@虎龍

上の写真は,「極上厚切タン」\1,750。いつもいただくメニューだが,なかなかに食べ出がある。脂たっぷりで焼いていると炎があがる。食べ応え充分。

みすじ@虎龍

上の写真は,「みずじ」\1,450。一番「肉々しい」味のする肉。たまに品切れのときもある。今日のはちょっと分厚くて,肉々しさ半減だった。

焼野菜盛合せ@虎龍

とりあえず肉ばかりでは栄養のバランスが良くないので「焼野菜盛り合わせ」(上の写真)\690を取って,肉の合間に焼く。

特上ロース@虎龍

で,上の写真は,この店で初めて食べてみた「特上ロース」\1,800。柔らかい肉がジューシー。

石焼ビビンバ@虎龍

で,〆は「石焼ビビンバ」\850。グリグリとかき混ぜ,ちょっとスープをかけて更にかき混ぜ,もちろんコチュジャンもたっぷり入れてかき混ぜる。オコゲの臭いが食欲をそそる。で,サービス料10%が付いて,勘定は2人で8,899円。

焼肉 虎龍(こたつ)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より徒歩3分
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-5-7 グルメコレクションセーナビル8F
電話: 06-6251-2929
営業時間: 月~土 17:30~05:00(L.O.04:00) 日 17:30~23:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび グルメぴあ 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

エチオピア料理 アクスム@心斎橋

【移転】 この記事の末尾参照

4月24日(土)の訪問。たまには珍しいものを食べようと,中国人のツレと2人で,東心斎橋のエチオピア料理の店「アクスム」へ行く。何年か前に2度ほど来たことがある。大丸本館の南東角から東へ1ブロックと少し行った先の狭い敷地に建つ雑居ビルの5階。古めかしいエレベータを上がる。店内はそこそこの広さ,バー風のカウンター席とテーブル席。スタッフはマスターらしき男性と,料理担当の女性。2人ともエチオピアの人らしく黒い肌。祝いの熨斗付きの酒瓶がカウンターの隅に並んでいて,開店9周年のようだ。

ケニア・ビール「タスカー」@アクスム

で,まずはアフリカのビール。残念ながらエチオピア・ビールはないとのことで,ケニアの「タスカー」(上の写真)\700。アフリカ象のラベルが雰囲気。軽めの極普通の味で,癖もなくいくらでも飲める。

ヤギ・カバブ@アクスム

で,料理はカバブ(串焼き肉)。チキンとヤギがメニューにあったが,ここは当然ヤギ。ヤギ・カバブ(上の写真)\1,100は,ヨーグルトとベレベレ(エチオピアンレッドスパイス)にじっくり漬け込んだということで,まったく臭みはない。しかし山羊だけに中々の歯応え。もちろん食べれないほどではない。レモンと後から辛味の来るソースに付けていただく。

ドロ・ワット@アクスム

上の写真は,メインの「ドロ・ワット」\980。料理の分類的には「カレー」になるか。ドロ・ワットがチキン,カイ・ワットが牛肉,イェバク・ワットが子羊。逆にドロ・アリチャ,イェバク・アリチャとなると,マイルドソースの煮込みになる。「ドロ・ワット」は結構ホットで,これが今日の料理の中で一番ツレに評判が良かった。

インジェラ@アクスム

上の写真のように,インジェラ\450に包んで手でいただくのがエチオピア式。インジェラは,エチオピアでしか採れないテフという穀物で作られたクレープ状のパンで,エチオピアの主食。独特の風味があってしっとりとしている。

アタクルト@アクスム

で,野菜系2品。アタクルト(上の写真)\880は,じゃが芋・玉葱・人参のマイルドな煮込み。塩味がメイン。

アクスム・サラダ@アクスム

上の写真は,アクスム・サラダ\780。まあ普通の生野菜だが,エチオピアのドレッシングがかかっているという。ドロ・ワットにもゆで卵が入っていたが,このサラダにもゆで卵が付いていた。

Sojin Project の過去ログ
    2006/07/26: トラディショナル
    2006/10/01: Aセット

エチオピア レストラン&バー アクスム
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より徒歩3分
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-17-15 丸清ビル5F
電話: 06-6241-5838
営業時間: 17:00~03:00
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図

移転先: 大阪市中央区東心斎橋2-1-18 八木ビルB1F / 06-6210-3243 / 周防町筋から千年町筋へ南に入ったちょっと先の道の左(東)側のビルの地下1階 / リニューアルオープンに伴いしばらくはドリンクのみ(要問合せ)
【追記】 先日,千年町を通り掛かったのだが,アクスムの移転後の店舗が見付からない。というか,別のお店になってるよう。「ぐるなび」ページも消えているし,閉店したのか? 調理担当の妹さんが国に帰ったので,ドリンクオンリーだとは聞いていたが。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

ランデヴー・デ・ザミ@西天満

5月2日(日)の訪問。西天満のフレンチビストロ「ランデヴー・デ・ザミ」へ行く。地下鉄の駅で言えば南森町。GWで,何か旨いものが食べたいなぁとネットで検索。ここが中々評判よさげ。で,電話で予約。南森町駅の1号出入口で中国人のツレと待ち合わせする。出口を右(西)へ国道1号の歩道を歩く。阪神高速の高架をくぐって2ブロック目のコンビニam/pmの角を右折,北へ歩くと1ブロック先の西天満公園の向かい(西側)に1軒だけ明かりのついている店が見付かる。(ところで目印のam/pm,ファミマに吸収合併されたそうだから,いつなくなるか分からない。ご注意。)

入ってみると,こじんまりとした店だが居心地よさげ。名前を言うと,空いている2人席の好きなところに座れとのこと。スタッフは奥の厨房に2人,フロアに1人。奥の男性2人はシェフとバイトか。フロアの女性はシェフの奥さん風。バイトくんはフロアにも料理を持って出て来る。
で,とりあえずドリンク。食前酒としてヴァン・ムスー(スパークリング・ワイン)をいただく。銘柄は忘れてしまった。で,料理。ここで奥さんから「注意」。1皿の盛りが多いので頼み過ぎるなとの事。と,料理に時間がかかるので,できればメインまでまとめて注文して欲しいとの事。料理の出て来るのが遅いというのは,ネットで事前調査済みだったので,没問題。が,量の加減が分からないので,とりあえず前菜2品をオーダーして様子を見る。

ブーダン・ブランのサラダ@ランデヴー・デ・ザミ

上の写真は,ブーダン・ブランのサラダ。鶏胸肉のすり身を使ったソーセージだそうだが,でかい。ちょうど2人分ぐらいのポーションか。このブーダン・ブランが旨い。思わず感動。ツレにも好評。

パン@ランデヴー・デ・ザミ

で,上の写真は別注文のパン。バターはまた別に注文するようで,出て来なかった。バゲットともう一種類のパンだが,これがしっとりとして旨い。こちらもツレも気に入ったよう。

白金豚のパテ・ド・カンパーニュ@ランデヴー・デ・ザミ

上の写真は,白金豚(はっきんとん)のパテ・ド・カンパーニュ。このパテがまた大きい。4人で取り分けても丁度ぐらい。味はまあフツーのパテかな。ちょっと脂がしつこい。

くるみのヌガーグラッセ@ランデヴー・デ・ザミ

で,小食の2人とて,盛りのよい前菜2皿で満腹してしまって,メインまでたどり着けなかった。次回,もし来ることがあれば,前菜1皿,メイン1皿にすべきだろうなぁ。で,〆のデザート。上の写真右は,くるみのヌガーグラッセ。これも量が多くて1品で2人分は充分にある。

人手が足りない中,サービスはなかなか頑張っている。人件費を削って価格を抑えているようだ。でも料理は遅くてもかまわないから,ドリンクだけは直ぐに持ってきて欲しいなぁ。それだけで印象がずいぶん変わる。「ビストロ」というのは,「食堂」「居酒屋」という意味だそうだ。「レストラン」より大衆的で,フランス料理を手軽に味わえる。この店を見て,なるほどこういう所か,と納得。がっつり食べて,がっつり飲む店だ。

で,ヴァン・ムスーをグラス2,赤ワインをグラス2で,勘定は2人で7,100円(カードで払おうとしたら,手数料10%をいただきますと言われたので,現金で支払い)。

ランデヴー・デ・ザミ Rendez-Vous des amis
アクセス: 大阪市営地下鉄南森町(みなみもりまち)駅1号出入口より徒歩5分
住所: 大阪市北区西天満5-10-16 植月ビル1F
電話: 06-6362-1575
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.O.)/ディナー 18:00~21:00(L.O.)
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
喫煙: 不可
リンク: ブログ 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [西天満] [南森町]

ル・クロ・ド・クロ@東心斎橋

先週9日日曜日のネタ。ツレがこの前から「フランス料理が食べたい」と言っているので,フレンチを食べに出かける。東心斎橋の「ル・クロ・ド・クロ」。何年も前に1度だけ行ったが,カジュアルな雰囲気でフレンチのコースを手軽にいただける店だと記憶している。

予約の電話で,喫煙席を押さえる。「お誕生日など特別な日ですか?」と確認される。そういうときは特別なサービスがあるらしい。店に着くと4階へ案内される。で,螺旋階段を上る。席に着くと,また「特別な日ですか?」と確認される。いえ別に普通の日です。

ブルゴーニュ ピノ ノアール@ル・クロ・ド・クロ

コースを選んだ後,ワインのリストを貰う。ツレはほとんど飲まないし,私もそんなに飲む方でないので,赤のハーフワインを選ぶ。フルボトルばかりで,ハーフをほとんど置いていない店もあるが,この店は,ハーフボトルの種類も豊富。ミディアムボディで手頃な値段の「ブルゴーニュ ピノ ノアール」\2,600にする(上の写真)。

アミューズ@ル・クロ・ド・クロ

まずは,上の写真,アミューズ(突き出し)。これは別料金で\500。一皿ごとに料理について詳しく説明してくれるのだが,私の方が詳しくないので憶えきれない。しかし「旨い」ということは分かる。幸先が良い。

前菜3種@ル・クロ・ド・クロ

で,料理は,おまかせの\4,800のコースを選ぶ。上の写真は,前菜3種盛り。サーモンはもうひとつだったが,他は満足のいく味。ツレはアワビを喜んでいた。
パンは,暖められて出て来る。バターがまたいい。ツレも口の中ですぐに溶けるとご満悦。

鱈(たら)のポアレ@ル・クロ・ド・クロ

メイン2種。上の写真は今日の魚料理で,鱈(たら)のポアレ。これが,塩加減が絶妙。今日の最高の出来。

牛頬肉の煮込み@ル・クロ・ド・クロ

上の写真は今日の肉料理,牛頬肉の煮込み。これはちょっと味付けがきつくて重く感じたが,肉自体はほろほろに煮込まれている。なんでも,この店の料理は全て箸でもいただけるように調理してあるそうだ。だから肉も箸で切れる具合に柔らかい。

チーズ@ル・クロ・ド・クロ

で,上の写真,チーズ。手前は,名前は忘れたが酒で拭いたウォッシュチーズ。癖が強い。1口目は,なんだこれ,と思ったが,2口目にはその癖が心地よい。これは好きな人は好きだろうなぁ。

デザート3種@ル・クロ・ド・クロ

上の写真は,デザート3種。3つとも満足のいく味。旨い。ブラックコーヒーにもよく合う。と,満足の〆。
料理など全体の雰囲気はカジュアルだが,サービスの質は高い。スタッフの対応も一様に丁寧。やっぱり「ビストロ」と「レストラン」とでは,その辺が全然違うなぁ。向こうの席のカップルは,どちらかが誕生日だとかで,ケーキのサービスを付けて,スタッフが店のカメラで撮影していた。後日,写真を送るそうだ。手頃な料金でフレンチの気分を味わうには良い店。メニューの価格は全て税サ込みで,勘定は2人で13,200円。

ル・クロ・ド・クロ Le Cros de Kuro
アクセス: 大丸本館の南東角から,清水町筋を東へ2ブロック行く手前,道の北側の一軒家
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-17-9
電話: 06-6244-9696
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.O.)/ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

炭火焼処 竹宗@地下鉄我孫子

【閉店】2011年5月に閉店しました。

という訳で,1軒目。20数年来の常連の店。最新訪問は昨日。

地下鉄我孫子(あびこ)駅から直ぐのところにある居酒屋「炭火焼処 竹宗(たけそう)」。夫婦でやっている店にしては広めで,奥に厨房とカウンター席,手前にテーブル席・座敷席がある。1人飲みでも居心地よく,またデート・グループから10数人の宴会にまで対応できる。

大体は毎回1人でカウンターに座って,本日のお勧めから刺身を食べている。他に焼き魚,地鶏の炭火焼,佐賀牛,一般の居酒屋メニュー,ご飯モノなど。職場の宴会のときは,座敷の仕切りを取り払って,料理は事前に予算に合わせて相談,コースを組み立てて貰う。飲み放題もあり。

1人飲みの時は,とりあえずの1杯目は通販で取り寄せているという北海道限定販売の「サッポロ・クラシック」。

北海道限定発売ビール「サッポロ・クラシック」@竹宗

地酒・焼酎にこだわっているようで,最近のお気に入りは霧島酒造の「吉助(赤)」のお湯割り。

霧島酒造「吉助(赤)」@竹宗

これが入る前は「赤霧島」を飲んでいた。「黒霧島」ならどこの店にもあるが,「赤霧島」は珍しい。竹宗でも入荷したときだけの販売となる。

で,昨日のアテは「活〆天然鯛(たい)の焼霜刺身」\1,000。

活〆天然鯛(たい)の焼霜刺身@竹宗

まあ,季節により,仕入れによりネタは変わるのだが,ここしばらくは,「すさみケンケン鰹(かつお)の刺身」\800~\1,000や「本鮪(ほんまぐろ)の中落ち刺身」\900を食べることが多い。

すさみケンケン鰹の刺身@竹宗

本鮪(ほんまぐろ)の中落ち刺身@竹宗

炭火焼処 竹宗
アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1番出口より1分
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-5 セントラルハイツ1F
電話: 06-6607-8773
営業時間: 5:00pm~11:30pm(L.O.11:00pm),ランチ営業あり
定休日: 木曜日
喫煙: 可
リンク: 地図

【追記】2010年8月3日より,代替わりして「寿司と炭火焼料理の店」になりました。
【追記】2010年11月2日より,店名が「くつろぎ処 誠(まこと)」と変わり,居酒屋風寿司屋になっています。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [長堀橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [堀江] [南森町] [西天満] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [上本町] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR