台湾料理 同客餃子館@東天満

Youtubeで見かけた台湾料理店。国道1号線(曽根崎通)と天満橋筋の交点,東天満交差点南西角にある。ネットでググると「台湾同客餃子館」と「大阪同客餃子館」の2つの表記が混ざってる。「同客」は「トンクー」または「どうきゃく」と読むらしい。
台湾で創業30年の同名店を3店舗やってたらしいが,料理人の親父さんの体調も思わしくなかったので,日本留学から帰った息子さんが,「日本にいる留学生などの台湾人に故郷の味を食べさせたい」と勧めて,店を人に任せての日本進出だという。親父さんが厨房,息子さんがフロア担当のようだ。息子さんは日本語堪能だが,親父さんが日本語を話している姿は見なかった。
で,取り敢えず生ビールを頼むと,息子さんにセットの方が安いと勧められる。生ビール中(キリンラガー)は単品で\380,水餃子(5個)は単品で\300だが,「お得セット(生ビール+餃子または唐揚げ)」なら\500だというので,「生ビール+水餃子」(焼餃子もあり)をいただくことに。

水餃子@同客餃子館

キリンラガー生をいただいていると程なく出て来た水餃子。結構大ぶり,二口サイズぐらい。タレを付けていただくと,これが旨い。皮は水餃子らしく厚めでもっちりとした食感。具(餡)もしっかりとしている。今まで現地の人が料理人の本格中華で食べた水餃子の中では1・2の旨さ。

台湾ビールプレミアム@同客餃子館

これはやっぱり台湾ビールだなと,続けて「台湾ビールプレミアム」\500をいただく。すっきりとした口当たり。

日式魯肉飯@同客餃子館

上の写真は「魯肉飯(ルーローファン)」\450。台湾風と日本風が選べるがどちらがいいかと聞かれた。台湾風はよそでも食べられるので,この店オリジナルだという日式魯肉飯をいただくことに。台湾では生卵は食べないが,日本人は卵かけご飯が好きなのでそれに合わせたという話。オーダーしてすぐに出て来た。

黄身がとろり@同客餃子館

目玉焼き?を割ると黄身がとろりと流れる。八角の風味が台湾を感じさせる。これも旨し。台湾では魯肉飯は料理の「付け合せ」の扱いなので盛りが少ないと聞くが,これも日本式なのか,しっかり丼飯の分量。
と,満足して適度に酔って,ここは次回は台湾本場の魯肉飯をいただこう。日式関東煮ではない「台湾のオデン」というものも試してみたい。八角と漢方は日本人に合わせて控えめにしているというが,現地風もいいなぁ。

ドリンクメニュー@同客餃子館

上の写真はドリンクメニュー(クリックで拡大)。フードメニューはページ数が多いので撮らなかったが,台湾料理の数々が,街の大衆中華なみの価格で並んでいる。

店舗外観@同客餃子館

店舗外観。目立つ看板なので見落とさないかと。1階のカラオケ店の右側のドアを開けて階段を2階へ上がる。店内は,カウンター4席,テーブルは4人席3卓・2人席1卓(補助の椅子あり)。他に半個室に4人席1卓・2人席1卓。

大阪同客(トンクー)餃子館
アクセス: 大阪市営地下鉄南森町駅下車。地下道で東に繋がっているJR東西線大阪天満宮駅2号出入口より国道1号線(京阪国道)を東へ徒歩4分,東天満交差点の南西角,ビルの1階ドアを入って2階店舗へ階段を上がる。
住所: 大阪市北区東天満1-2-15 キタムラビル2F
電話: 06-6355-1258
営業時間: 昼の部 11:00~15:00 / 夜の部 17:00~22:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: Facebook 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [南森町]

チュニジア料理 ラ・グレット@西天満

【閉店?】

アフリカ料理2軒目。地中海南岸のチュニジア料理。「チュニジア」というより「カルタゴ」といった方が知名度は高いかも。アフリカ大陸の北端のアラブ圏の国。
このお店,以前に「カルタゴキッチン」という店名だった頃に1度お邪魔している。料理の幅を「地中海料理」に広げて改名したようだ。でも,コースの組み立てなどを見ているとチュニジア料理一本の頃とあまり変わりはない。「ラ・グレット」というのは,首都チュニス近郊の港町で有名なリゾート地らしい。
で,大阪市営地下鉄南森町駅の1号出入口でツレと待ち合わせ。出口を右へ,国道1号線の北側の歩道を西へ歩く。阪神高速の高架をくぐり,更に信号を2つ越え,その先2ブロック先(大阪弁護士ビルの角)を右折。1ブロック北の角にお店の青いドアが見える。徒歩10分弱。
白い壁に青いドアと窓といった可愛らしい外観。店内はそれほど広くないが,清潔感があって落ち着く。

チュニジア・ビール「セルティア」@ラ・グレット

席について,とりあえずのドリンクは,私はチュニジア・ビールの「セルティア」\680。ツレは「マンゴー100%ジュース」\630。グランド・メニューは料理のオーダーの後,引き上げられるが,テーブルに小さなドリンク・メニューがある。ドリンクの追加に便利。で,後で「地中海産グラスワイン(赤)」\700を追加。
セルティア・ビールは,甘みが先にたち,苦味は少ない。いわゆるフルーティーなビール。ワインもまあ普通かな。

で,料理は「カルタゴ・ペア・コース」を選ぶ。2人前で7,980円。プリフィっクスでいくつか選択肢があるのだが,まだ2度目のチュニジア料理初心者なので,シェフにお任せする。

スープ@ラ・グレット

まずは上の写真のスープ。細かい具が沈んでいる。牛ミンチとクスクスか? ホームページのメニューに「チュニジア産の麦と牛テールをじっくり煮込んだ」ショルバスープというのがあるので,それかも知れない。

プチパン@ラ・グレット

プチパン。熱々のミニ・フランスパン。

メシュウィーヤー@ラ・グレット

上の写真は,「メシュウィーヤー」。サーディンが乗っかっている。このペーストが後から辛い。四川料理の辛味とは別物だ。辛いがパンに塗っていただくと,よく合う。

フレッシュサラダ@ラ・グレット

フレッシュサラダ。ツナサラダだった。

ブリック@ラ・グレット

上の写真は「ブリック」。チュニジア風揚げ春巻だというが,どちらかというとインドのサモサに似ている。美味しい。

フィルフィルマフシ@ラ・グレット

上の写真は「フィルフィルマフシ」。パプリカの包み料理。

ハーブチキン@ラ・グレット

ハーブチキン。ハーブが良く効いて,柔らかく仕上がっている。美味しい。

クスクス@ラ・グレット

上の写真は「クスクス」。中心に盛られているのが「世界最小のパスタ」クスクス。名前だけは良く聞くがあまり食べる機会がない。アフリカ料理を食べているという感じがする。まわりのシチューは,カボチャ・銀杏(ぎんなん)などが具。

アイスクリーム@ラ・グレット

食後のデザートはアイスクリーム。まわりのホワイトチョコが甘くて,アイスクリームとよく合って旨い。
で,満腹して,勘定は2人で9990円。カードが使えないとのことで,現金で支払い。

カルタゴキッチン ラ・グレット
アクセス: 地下鉄南森町駅と地下鉄東梅田駅・JR北新地駅の中間辺り。いずれからも徒歩10分弱。
住所: 大阪市北区西天満6-6-6
電話: 06-6364-1665
営業時間: 17:30~23:00(火曜日~土曜日)・17:30~22:00(日曜日)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

【追記】2012/02/17 最近,店名を「カルタゴ・キッチン」に戻されたようです。また「ぐるなび」のページを見付けましたので,リンクを追加しました。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [西天満] [南森町]

ランデヴー・デ・ザミ@西天満

5月2日(日)の訪問。西天満のフレンチビストロ「ランデヴー・デ・ザミ」へ行く。地下鉄の駅で言えば南森町。GWで,何か旨いものが食べたいなぁとネットで検索。ここが中々評判よさげ。で,電話で予約。南森町駅の1号出入口で中国人のツレと待ち合わせする。出口を右(西)へ国道1号の歩道を歩く。阪神高速の高架をくぐって2ブロック目のコンビニam/pmの角を右折,北へ歩くと1ブロック先の西天満公園の向かい(西側)に1軒だけ明かりのついている店が見付かる。(ところで目印のam/pm,ファミマに吸収合併されたそうだから,いつなくなるか分からない。ご注意。)

入ってみると,こじんまりとした店だが居心地よさげ。名前を言うと,空いている2人席の好きなところに座れとのこと。スタッフは奥の厨房に2人,フロアに1人。奥の男性2人はシェフとバイトか。フロアの女性はシェフの奥さん風。バイトくんはフロアにも料理を持って出て来る。
で,とりあえずドリンク。食前酒としてヴァン・ムスー(スパークリング・ワイン)をいただく。銘柄は忘れてしまった。で,料理。ここで奥さんから「注意」。1皿の盛りが多いので頼み過ぎるなとの事。と,料理に時間がかかるので,できればメインまでまとめて注文して欲しいとの事。料理の出て来るのが遅いというのは,ネットで事前調査済みだったので,没問題。が,量の加減が分からないので,とりあえず前菜2品をオーダーして様子を見る。

ブーダン・ブランのサラダ@ランデヴー・デ・ザミ

上の写真は,ブーダン・ブランのサラダ。鶏胸肉のすり身を使ったソーセージだそうだが,でかい。ちょうど2人分ぐらいのポーションか。このブーダン・ブランが旨い。思わず感動。ツレにも好評。

パン@ランデヴー・デ・ザミ

で,上の写真は別注文のパン。バターはまた別に注文するようで,出て来なかった。バゲットともう一種類のパンだが,これがしっとりとして旨い。こちらもツレも気に入ったよう。

白金豚のパテ・ド・カンパーニュ@ランデヴー・デ・ザミ

上の写真は,白金豚(はっきんとん)のパテ・ド・カンパーニュ。このパテがまた大きい。4人で取り分けても丁度ぐらい。味はまあフツーのパテかな。ちょっと脂がしつこい。

くるみのヌガーグラッセ@ランデヴー・デ・ザミ

で,小食の2人とて,盛りのよい前菜2皿で満腹してしまって,メインまでたどり着けなかった。次回,もし来ることがあれば,前菜1皿,メイン1皿にすべきだろうなぁ。で,〆のデザート。上の写真右は,くるみのヌガーグラッセ。これも量が多くて1品で2人分は充分にある。

人手が足りない中,サービスはなかなか頑張っている。人件費を削って価格を抑えているようだ。でも料理は遅くてもかまわないから,ドリンクだけは直ぐに持ってきて欲しいなぁ。それだけで印象がずいぶん変わる。「ビストロ」というのは,「食堂」「居酒屋」という意味だそうだ。「レストラン」より大衆的で,フランス料理を手軽に味わえる。この店を見て,なるほどこういう所か,と納得。がっつり食べて,がっつり飲む店だ。

で,ヴァン・ムスーをグラス2,赤ワインをグラス2で,勘定は2人で7,100円(カードで払おうとしたら,手数料10%をいただきますと言われたので,現金で支払い)。

ランデヴー・デ・ザミ Rendez-Vous des amis
アクセス: 大阪市営地下鉄南森町(みなみもりまち)駅1号出入口より徒歩5分
住所: 大阪市北区西天満5-10-16 植月ビル1F
電話: 06-6362-1575
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.O.)/ディナー 18:00~21:00(L.O.)
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
喫煙: 不可
リンク: ブログ 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [西天満] [南森町]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [南森町] [堺市] [堀江] [天満橋] [西天満] [天王寺・アベノ] [ドーム前] [淀屋橋] [阪和線] [十三] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR