トルコ料理 ナザール@東心斎橋周防町

そういや最近エスニック料理を食べていないなぁと思い出し,何年も前に何回か利用したトルコ料理店を久しぶりに1人で訪れてみた。
平日早い時間だったので空いていた。前客は若いOL風の女子1名,後から来られたのもOL風2人連れ。まあ,エスニック料理店はどこへ行っても女子率が高いが。

エフェスビール@ナザール

トルコビールは,ピルズナーの「Efes beer 330ml エフェスビール」\650(以下税別),黒ビール「Efes DARK 330ml エフェスダーク」\650,ノンアルコールの「Efes ZERO 330ml エフェスゼロ」\650と3つがメニューに並んでいる。他にトルコの地酒も。
エフェスダークは今まで飲んだことはないので,これはいただかなくては思ったが,順番としては味の濃いビールは後の方がいいのが経験的に分かっているので,上の写真は取り敢えずエフェスビール。軽いが独特の香りが感じられる。

ホウレン草とヨーグルトの前菜@ナザール

いろいろ食べれてお手軽なコースが何種類かあるのだが,コースは2人前からなので単品で前菜とメインを1品ずつオーダー。単品は,だいたい2・3人で取り分ける分量だな。1人ではちょっと多い。
上の写真は,「Ispanak Taratoru ホウレン草とヨーグルトの前菜」\850,ホウレン草のおひたしにヨーグルトをかけた感じで癖のないあっさりとした味付け,どんどんいける。

エフェスダーク@ナザール

で,2杯目は初めての「エフェスダーク」。ちょっと軽めのよく出来た黒ビール。嫌味な味はない。

クズシシ 羊の串焼き@ナザール

羊肉好きだからメインに選んだのはこれ,「Kuzu sis クズシシ 羊の串焼き」\1,800,歯応えのあるマトンにスパイスたっぷり(辛くはない)。ピラフの語源のピラウが付いてる。トルコでは米は料理の付け合わせだとか。がっつりいただく。上の写真では小さく見えるが,実際にはがっつり2・3人で分ける分量。

チャイ@ナザール

お会計をお願いしたら出て来たのがサービスの「チャイ」。テーブルに常備の砂糖壺からたっぷり入れていただく。

店内@ナザール
 
明るい雰囲気の店内にトルコ風の飾りつけ。BGMもトルコのポップスが静かにかかっている。
ちょっと気になるのは,窮屈というわけではないのだが,2人席も4人席もテーブルが小さい。次々と出て来るコースなら,出て来る度にすぐに片付けないとテーブルに置き場所がなくなるので要注意。2人連れで4人席ぐらいがちょうどいい感じ。味も雰囲気も申し分ないので,その点だけが惜しいなぁ。

トルコ料理 NazaR(ナザール) 心斎橋本店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅5号出入口(6号は大丸本館建替工事で閉鎖中)から右(南)へ心斎橋筋商店街を下る。最初の信号を渡らずに東へ左折,周防町通を東へ1ブロック半,頭上にトルコ国旗と看板が見えるので,ビルの狭い階段を登って2階。徒歩4分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-13 マツムラビル2F
電話: 06-6282-0030
営業時間: ランチ 12:00~15:00 / ディナー 17:30~23:00(L.O.23:00)
定休日: 無(平日月~金のランチは事前予約のみ)
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

フレッシュネスバーガー@西心斎橋

週末の夜,アメ村の北の端辺りをうろうろしていたのだが,餃子舗「珉珉(みんみん)」の前を通り吸い込まれかけた。チェーン店では珉珉の餃子が一番のお気に入り。そこを我慢して歩くと次に「居酒屋バル」のオサレな看板,覗くと結構流行っていそうだが,情報がないのでここもパス。で,ちょっとリッチなハンバーガー屋さんへ。
ビールが飲めて,煙草の吸える大人のハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」へ入店。ここ,昔は「煙草が吸える」を前面に押し出していたのだが,最近のご時世で分煙・禁煙が増えているよう。

喫煙室@フレッシュネスバーガー

喫煙席は金魚鉢の中,20席。灰皿は喫煙室へ入る扉の左側に積んである。厨房・レジと禁煙席は外側。
ドリンクだけレジで先に受け取る。生ビール(レーベンブロイ)\300(以下税別),小サイズのグラス。どうやらアルコール類などの設定は各店舗の自由度が高いようで,本社のホームページのメニュー構成とは異なる。

ハンバーガー&フライドポテト@フレッシュネスバーガー

ハンバーガー類は注文を受けてから作り始めるという。で,席で煙草をくゆらせビールを飲みながら待つと,しばらくあって,ハンバーガーとポテトをカゴに入れてスタッフが席まで持って来てくれた。

クラシックベーコンエッグチーズバーガー@フレッシュネスバーガー

上の写真は,「クラシックベーコンエッグチーズバーガー(シングル)」\720。「ダブル」はクォーターパウンド(113g)のパティが2枚になる。
作りたてのバーガーはまず「温かい」。バンズは柔らかくてしっかりしている。オージービーフのパティもいい味出してる。ベーコンは歯ごたえ。で,目玉焼きの黄身がとろとろの半熟,ってか流れてくる。チーズもスライスチーズではなく火の入ったとろけるチーズ。いやぁ,税込200円のエグチと,この税別720円のバーガーと,コスパはほぼ同格だな。エグチの200円にも納得だが,チェーン店では最高値に近いこのバーガーの720円にも納得。旨い旨いと夢中で食べてしまった。

フライドポテト@フレッシュネスバーガー

「フライドポテト(レギュラー)」\200。ちゃんと芋の味のするフライドポテト。

店舗外観@フレッシュネスバーガー

店舗外観。ビジネスホテル「西鉄イン心斎橋」のビルの1階,ホテル入口の右側に並んでいる。さすがに真冬のこの季節は無理だが,気候のいい時期にはテラス席も良さそう。

で,食べ終わって,店舗と道を挟んで向かい側にある「ヴィレッジヴァンガード」を覗く。(ファンシー)雑貨の充実した書店。間口からは想像できないほど奥に深い店舗に様々な雑貨が文字通り「所狭し」と並んでいる。若い女の子を連れてくれば喜びそう。
一通り見て回って,平積みされていた「ペヤングやきそば ギリチョコレート味」なるものを220円で購入。この後,東心斎橋の行きつけの居酒屋に河岸を変えて飲み直したのだが,このカップ焼そば,スタッフとの話の種になった。

フレッシュネスバーガー 西鉄イン心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅7号出入口(心斎橋OPA)より徒歩3分。オーパと日航ホテルの間の道を西へ進み,餃子舗「珉珉(みんみん)」の前を通り過ぎて,次の十字路を北へ右折。しばらく先の道の左側にビジネスホテル「西鉄イン心斎橋」。ビル1階のホテル入口の右側,路面店。地下鉄四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-15-12
電話: 06-6120-2315
営業時間: 6:30~22:00(ホテル1階の店舗なので早朝から営業している)
定休日: 無休
喫煙: 完全分煙
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

天ぷら ハゲ天@大丸心斎橋北館

若い頃,なんばCityの南館1階に「ハゲ天」があって,一度だけ伺ったことがある。揚げ立ての天ぷらが次々と給仕されて,懐の寂しい新入社員にはちょっと贅沢な時間だった。で,心斎橋の大丸北館13階のグルメフロアで喫煙室を借りてから,空腹を思いだしてこちらに入った。何十年ぶりかの二度目の「ハゲ天」。ここは店名に「彩(いろどり)ハゲ天」と付いている。
夜9時前と遅い時間だったので店内は空っぽ。東心斎橋・島之内方面の夜景の見える窓際のテーブル席に案内される。取り敢えず生ビール(中)\620(以下税込),銘柄はスードラだった。

ハゲ天スタンダードコース@彩ハゲ天

小食なので,一番品数の少ない(従ってリーズナブルな)「ハゲ天スタンダード」\1,620のコースを選択。天ぷら7品に和風サラダ・香の物がついて,赤出汁と白ご飯は(試さなかったので確認していないが)おかわり可だそうだ。なお,その他のメニューは「銀座ハゲ天」のホームページの「店舗一覧」の各店舗案内ページで確認できる。
デパート内の店舗らしくテーブル席がメインだが,目の前で天ぷらを揚げている様子の見えるカウンター席もあるそうだ。席だけの予約も可とのこと。懐に余裕があれば,カウンター席で一杯やりながら「お好み」で一品ずつ天ぷらを揚げて貰うのもいいなぁ。ただし禁煙なのが玉に瑕か。

卓上のカスター@彩ハゲ天

卓上のカスターには,天つゆが「あっさり」と「甘口」の2種。関東風には「甘口」が本来か。ただ,天つゆを入れる深皿は1つしか出て来ないので,最初にどちらか1種を選ぶことになる。塩も2種。こちらは2つに区切った小皿が出て来るので両方試せる。

海老天2尾@彩ハゲ天

さて,最初に給仕されたのは,海老天2尾。老舗だけにあっさりとキレイに揚がっている。中の海老もしっとりとして旨し。ビールが進む。

野菜天2ケ@彩ハゲ天

続けて,野菜天2ケ,今日は「さつまいも」と「レンコン」。客が私一人なのでペースが速く,海老天2尾目がまだ残っているうちに出て来た。呑助は食べるペースが遅いんだよ。

海鮮天2ケ@彩ハゲ天

続けて,海鮮天2ケ,今日は「キス」と「イカ」。まだレンコンが残っているが,本来ならこれぐらいのペースが快適か。お店が混んでいるときはちょっと待ちそうだな。なお,天ぷらは給仕される度に説明がある。

かきあげ@彩ハゲ天

〆は「かき揚げ」,これはがっつりと食べごたえがあった。ここで,最初に店員さんが「(ビールを)お飲みですので,ご飯は後にしましょうか」と訊いてくれたので止めていた赤出汁と白ご飯を持って来て貰う。かき揚げと香の物で白ご飯をいただいて満足。白ご飯は,米の品質も炊き方も申し分なかった,旨し。ただし,赤出汁は大阪人の私には味が濃過ぎる感があった。

店舗外観@彩ハゲ天

店舗外観。入口脇にメニューとサンプルがあるので,入店前にしっかり検討できる。無粋な呼びこみなどもなし。

彩(いろどり)ハゲ天 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅直結 大丸北館(旧そごう)13階
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店北館13F
電話: 06-6244-5470
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 不定休(大丸心斎橋店に準ずる)
喫煙: 不可(店外,フロア奥トイレ手前に喫煙室)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

餃子 珉珉(みんみん)@西心斎橋

餃子チェーンといえば「王将」か「珉珉(みんみん)」かということになるのだが,本店は昭和28年創業の「珉珉」の心斎橋店へ。こちらは直営店ではなく,のれん分けのお店になる。
アメ村の北のはずれ,目立つ看板のお店に入れば,12人ほど座れる大テーブルと4人掛けが3卓,5人掛けが1卓と大衆中華にしてはこぢんまりとしている。

生ビール@珉珉

取り敢えず「生ビール」\500(以下税別),銘柄は確認し忘れた。注文を取ってくれた女の子が東アジア系外国人らしく,「生は先に」という日本語が通じなかった。英語も駄目で,「ビール,早く」でやっと通じたようだ。

餃子@珉珉

で,まずは餃子\250。生ビールに焼餃子の組み合わせは,日本人にとっては鉄板だな。タレは自分で卓上の小皿を取って,ラー油・酢・醤油を混ぜる。壁には「酢7:醤油3」との指示の張り紙が。
一口食べて,いや確かに評判通り旨い。軽い食感で次々といくらでも食べられる。

ジンギスカン@珉珉

続けて,壁に「名物」とあった「ジンギスカン」\680を。ビアホール「ニューミュンヘン南大使館」のような焼いた羊肉を想定していたのだが,出て来たのは煮込み。一口食べると確かに好物の羊の味がする。が,ちょっとマトン肉が固い。味付けも濃くて最初はいいんだが,これは白ご飯必須だな。酒のアテにはならない。ちょっと残してしまった。

メニュー@珉珉

上の写真は卓上のメニュー(クリックで拡大)。大衆中華(日式中華)としては充分な品揃え。

写真付きメニュー@珉珉

裏側の写真付きメニュー(クリックで拡大)。

店舗正面@珉珉

店舗正面。左上の看板が遠くからでも目立つ。

元祖餃子舗 珉珉(みんみん) 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅7号出入口(心斎橋オーパ)より,オーパとホテル日航大阪の間の道を西へ徒歩1分ちょっと,道の左(南)側,路面店。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-9-28
電話: 06-6241-9285
営業時間: 11:00~翌01:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

牛カツ 京都勝牛@西心斎橋

先週は難波の「もと村」で牛かつを頂いたので,今週は食べ比べのため,西心斎橋の「京都勝牛(かつぎゅう)」へ出かける。もと村は「牛かつ」だが,こちらは「牛カツ」だな。牛カツ専門店「京都勝牛」は,福岡から仙台・韓国まで手広くやっている大手チェーン。大阪にも10店舗があるようだ。
で,土曜日の午後7時過ぎと,結構飲食店的にはゴールデンダイムに入店したのだが,カウンター・テーブル合わせて37席あるらしい広めの店内は,私の後から増えたが入店時は3割ほどの客の入り。厨房正面のカウンター席にゆったりと座る。明るく清潔そうな店内で,席も狭苦しくはない。ミナミの常として東アジア系観光客はデフォルトで。

メニュー@京都勝牛

取り敢えず,上の写真,メニューを拝見(クリックで拡大)。ここはお肉に「ロースカツ」「黒毛牛カツ」「特上黒毛和牛サーロインカツ」と3ランクあるようだ。前2つは輸入肉かな。「もと村」と比較するため,同ランクと思えるスタンダードな「牛ロースカツ京とろろ膳(並)130g」\1,380(税別)を注文。

牛カツの美味しい食べ方@京都勝牛

カウンター上には「牛カツの美味しい食べ方」という案内が(クリックで拡大)。基本4種の味で楽しむようだ。

調味料類@京都勝牛

カウンターの調味料類。後列は左から,キャベツ用のドレッシング,牛カツ用のソースと醤油。前列,すり胡麻・七味で味変も出来るよう。

牛ロースカツ京とろろ膳@京都勝牛

で,上の写真が給仕された「牛ロースカツ京とろろ膳」。牛カツの付け合せは至って普通のキャベツ千切りと多めのワサビのみで,好物のポテサラはなし。あれ,食後の口直しにいいんだが。後は,赤出汁,麦飯,ととろ,和風カレーつけ汁。山椒塩は載っていたが,醤油とソースは自分で入れる。

牛カツ@京都勝牛

で,牛カツ。60秒で揚げたミディアムレアとかで,「もと村」の素のレアよりも火が通っているのが分かる。同じように一口サイズに予め細かく切られている。
まずは,わさび醤油,山椒塩,牛カツソース,和風カレーつけ汁と順に試していく。特筆すべきはカレー味かな。カツカレーが定番のメニューになっているように,カツとカレーは相性がよい。すり胡麻と七味は試し忘れた。
お肉自体はまあ「もと村」と同レベルのお値段相応かな。ただこちらはランクが上のお肉の用意もある。ミディアムレアの食感は,「もと村」で鉄板で炙ったときと同程度か。やはり私的には,いいお肉をレアで頂きたい。

ととろ麦飯@京都勝牛

麦飯には京とろろとやらを投入。予め醤油が入っている。やはり,とろろ麦飯に牛カツの取り合わせはご飯が進む。こちらは麦飯のおかわり自由なので食欲旺盛でも大丈夫。もちろん有料だが,牛カツの追加,とろろの追加なども設定あり。

南側地上入口@京都勝牛

東邦ビル南側の店舗入口。ビルにとっては裏口だが,お店的にはこちらが正面玄関。北側長堀通沿いの東邦ビル正面玄関入って左奥の小さなドアからも入れる(ドアに掲示あり)。

牛カツ専門店 京都勝牛 心斎橋駅前
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅8号出入口(ホテル日航大阪)より北(左)へ2つ目の角を左に入って直ぐ右側。地下1階へ階段を降りる。徒歩1・2分。長堀鶴見緑地線からなら地下街クリスタ長堀の南13号出入口を出て目の前の東邦ビル正面玄関からも入れる。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-1-13 東邦ビルB1
電話: 06-4963-8315
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: なし
喫煙: 不可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR