牛たん炭火焼 吉次@東心斎橋鰻谷

久し振りに仙台牛たんが食べたくなったので,ネットで評判よさ気な「吉次」を初訪問。お店は鰻谷・心斎橋周防町・本町とあるらしいが,今回は鰻谷南通りの1号店へ。
お店は,厨房を囲むL字型カウンター8席と小さなテーブルの2人席が2つとこぢんまりとしているが,階段を上がった2階にも座敷があるよう。

生ビール@牛タン吉次

取り敢えず生ビール(キリン一番搾り)\550(以下税込)。メニューは結構豊富で定番の「牛たん定食」以外にも,様々な工夫を凝らした牛たん料理があるよう。定食で食事にも,牛たん料理で居酒屋遣いにも,どちらでも対応できるお店のようだ。

牛タン焼+麦飯+とろろ@牛タン吉次

で,生ビールを頼んだので,テールスープは要らないなぁと,定食はパスして,一品で頼む。牛たん焼1人前\1,600に麦飯\200と「とろろ」\250を付けて定食風にする。

牛タン1人前@牛タン吉次

上の写真はメインの牛タン焼1人前4枚8切。辛子菜と高菜漬けが付いてきて,これが薬味代わりに牛たんに合う。肝心の牛たんは厚切りだが,サクッと噛み切れる噛み応えの食感がなかなかにいい。肉自体はオージービーフだとかで,和牛のような旨味は少ないが,あっさりとして食が進む。本場仙台では米国産牛が主流だというが,いずれにしても,和牛にはない「あっさり感と歯応え」が仙台牛たんの特徴か。

麦飯+とろろ@牛タン吉次

「とろろ」は卵入りで,醤油を垂らしてから,麦飯に投入し(上の写真),とことんかき混ぜる。いや,これは仙台人の経験から割り出された,牛たんに合うご飯だな。ぺろりといただく。
と満腹して,勘定は2,600円。

店舗外観@牛タン吉次

店舗外観,提灯が目印。寿司「じねん」鰻谷南通り店の向かい。

牛たん炭火焼 吉次 (よしじ) 鰻谷店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅5号出入口より心斎橋筋商店街を北(左)へ1ブロック。東へ右折し鰻谷南通りを3ブロック行った先,道の左側。徒歩5分。地下鉄長堀橋駅からの方が近い。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-9-12
電話: 06-6244-8002
営業時間: 月~金 18:00~翌02:00 / 土 17:00~翌02:00 / 日祝 17:00~24:00
定休日: 無休(年末年始を除く)
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

スリランカ料理 セイロンカリー@南船場

今,大阪では「スリランカカレー」がキテいるらしい。お店もそこそこ増えてきている。そんな中での老舗。大正区で営業されていた頃から名前だけは知っていて,機会があれば行こうと思っている内に都心の便利なところに移転された。「セイロン」はスリランカの旧国名,私達が子供の頃は旧英領でインドの南東に浮かぶセイロン島にある国として地図に乗っていた。「セイロン紅茶」なんてのもあったな。
地下鉄長堀橋から歩いて5分,私はお酒を飲むので必要ないが,隣りがコインパーキングなので車でも便利。
店内は結構広い。明るい照明で好印象。日本人の女性スタッフもキビキビと動いている。厨房は現地の方か。

ライオンビール インペリアル ピルズナー@セイロンカリー

取り敢えずドリンク。ここは当然スリランカのビールでしょ。メニューには「ライオンビール」\600(以下税込)が,「ラガー」「スタウト」「インペリアル」と3種ある。「ラガー」と「スタウト」は頂いたことがあるので,初めての「インペリアル ピルズナー」を。しっかりとしたコクがあるのに飲みやすい。
で,初めてなので,メニューでも目立っている定番らしき「アンブラ」\1,000を。デフォルトは日本米らしいので+\200で「バスマティライス」をお願いする。「アンブラ」はカリーを一つ選ぶシステム。好物のマトンはランチで売り切れたというので,インドカレーではありえない「ビーフ」で。

アンブラ@セイロンカリー

ライオンビールを飲みながらしばらく待って「アンブラ」登場。左のビーフカリーにはたっぷりとお肉が乗っている。手前はたぶんレンズ豆のカリーかな。副菜も多種。「パパダム(パパド)」という豆粉のせんべいはカリーの口直し。
まずは2種のカリーと副菜を順に試してみる。いや,味のバラエティがいいわ。それぞれに美味しい。

アンブラ混ぜ混ぜ@セイロンカリー

で,スリランカカレーのお約束,全ての具材をとことんまでかき混ぜる。複雑な味わいに変化する。最初は辛さを感じないが,食べているうちにスパイス感が高まってくる。といっても,それほど辛くはない。
なお「アンブラ」は結構ボリュームがあるので,少食の方はご注意を。

店内@セイロンカリー

壁にはこんな絵がかかっていて,スリランカ気分を高めてくれる。

店舗正面@セイロンカリー

店舗正面。この季節はビニシーが開けられていたので入りやすかった。

セイロンカリー
アクセス: 大阪市営地下鉄長堀橋駅1号出入口のエスカレータを上がって,東(左)へ2ブロック先で北へ左折,北へ2ブロック行った先の道の左(西)に見えるコイン駐車場の北隣りの路面店。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区南船場1-13-4 フロントラインビル1F
電話: 06-6125-5434 / 050-5590-5911
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30) ※予約はディナーのみ
定休日: 木曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: Facebook Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [長堀橋] [南船場]

ローストビーフ丼 ボルケーノキッチン@東心斎橋

【閉店】 2016年10月に閉店しました。

福島で評判のローストビーフ丼専門店の2号店らしい。今年(2016年)1月開店だという。ネットでグルメブログを彷徨っていると旨そうなローストビーフが出て来たので,急にローストビーフが食べたくなって,ブックマークしてあったこのお店に出掛ける。
入口右に券売機。いろいろ大盛り・小盛りがあるようだが,券売機のボタンの上列右端のローストビーフ丼「ボルケーノプレート」\850(以下税込)が標準みたいだ。あと券売機右下に集まっているドリンク類から「ビール」\500も追加。
長いカウンター1列9席のこじんまりとしたお店。厨房と向かい合うことになる。背中の壁にはハンガーがびっしりで,上着の多い冬でも安心だな。
席につき食券を出すとタレの種類を聞かれる。こってり・あっさり・トマト味の3択。お店のお勧めは「こってり」だというので逆らわない。

ボルケーノプレート@ボルケーノキッチン

で,上の写真,「ボルケーノプレート」。いやいや特徴的なビジュアルだね。丼物の常識をくつがえす。大皿の下は「こってり」のタレの湖。そこにそそり立つローストビーフのボルケーノ(火山)。最上部の赤い炎は,唐辛子の千切りか?

ハートランド@ボルケーノキッチン

出て来たビールはキリンの「ハートランド」の瓶。麦芽100%のこれ,好みだからいいです。

ローストビーフ@ボルケーノキッチン

頂上から一枚ずつローストピーフを剥がして食べろという指示だったので,一枚ずつ下の湖からタレを絡めて,ビールのアテにする。なかなかにビールの進む味わい。ローストビーフからぎゅっと旨味が出て来る。

半熟卵@ボルケーノキッチン

5合目辺りまで崩すと,卵のマグマの登場。で,半熟卵を箸で割ると黄身(溶岩)がたら~りと味変。

白ご飯@ボルケーノキッチン

卵の下に白ご飯が隠れている。ここからは剥がしたローストピーフを下の湖のタレに並べて待機,白ご飯が完全に出て来たら,ローストピーフをオカズにご飯をいただく。やっと「ローストビーフ丼」らしくなる。「こってり」のタレと相まって白ご飯も進む味わい。付け合せのレタスもタレの湖に漬け込んで完食。
これ,ビールなしでランチとして食べるなら,先にローストビーフを全部剥がしてご飯を露出させて,下のタレの湖に並べたローストビーフをオカズに食べれば食べやすいかな。

外観@ボルケーノキッチン

こういう外観だが,意外と目立たない。左隣りのたこ焼き屋の方が目立っているので目印に。

ボルケーノキッチン 心斎橋パンチ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅6号出入口より徒歩6分,大丸前より心斎橋筋商店街を南(右)に下り信号のある十字路を渡り左折,周防町筋の南側歩道を東に3ブロック行ったちょっと先。地下鉄長堀橋駅からの方が近い,堺筋周防町より西に2ブロック行くちょっと手前。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-4-25
電話: 06-6211-8429(予約不可)
営業時間: ランチ 11:30~L.O.14:30 / ディナー 18:00~L.O.22:30
定休日: 未定(今月は月曜定休)
喫煙: 不可
リンク: Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

味噌煮込みきしめん 雑兵@東心斎橋

ネットで長堀橋に「きしめん」専門店があると見かけ,尚且つ「味噌煮込み」もあるというので,ダブルで「名古屋メシ」を試して見ることに。心斎橋筋商店街から長堀通南側の歩道を長堀橋駅を目指して東へ5分,お店を見付ける。
で,店内へ。左に4人掛けテーブルが2卓,右にL字カウンターと厨房。こじんまりとしたお店に先客はなし。奥のテーブルでくつろいでいた大将が「いらっしゃい」と立ち上がる。

味噌煮込みきしめん@雑兵

上の写真,目的の「味噌煮込み」\780(税込)。全品自家製きしめんだそうだ。味噌煮込みうどんなど何十年ぶりだろう。まずはスープを。出汁よりも味噌の突出した味わい。

きしめんリフティング@雑兵

きしめんリフティング。きしめん自体も数十年ぶりだが,記憶にある近鉄百貨店のお店で食べたきしめんはもっと太かったような気がする。大阪うどんの断面を半分に切ったような細い平麺。すっと食べていける。味噌出汁もしつこくなく,あっさりとしていて飲んだ後の〆に最適か。浮いている生卵の黄身を潰して絡ませるとまた旨い。最後に残った味噌出汁を半分ほどいただく。
大将は話しかければ,いろいろ答えてくれる。たぶん話し好きと見た。

きしめんメニュー@雑兵

きしめんメニュー(クリックで拡大)。

セットメニュー@雑兵

午後8時までのセットメニュー(クリックで拡大)。

玄関@雑兵

お店は,街並みに地味~に溶け込んでいて目に付きにくい。

きしめん専門店 雑兵 (ぞうひょう)
アクセス: 大阪市営地下鉄長堀橋駅5-B号出入口より長堀通南側歩道を西(心斎橋方向)へ1ブロック半,徒歩1分ちょっと。心斎橋より長堀通を東へ5分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-10-5
電話: 06-6241-9522
営業時間: ランチ 11:00~14:30 / ディナー 17:00~23:00 (9月まで暑い間は「思い出して貰えない」ので営業控え目とのこと)
定休日: 日祝
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

韓国屋台酒場 ヤカン食堂@東心斎橋

久しぶりに朝鮮料理。周防町の堺筋寄り。ビルの1階にあるはずで黄色い提灯と朝鮮文字の看板がやたらと目立つのだが,「ヤカン食堂」との看板が見当たらない。日本語は小さく「韓国食堂」の看板のみ。まあここだろうと分かりにくい小さな入り口を入る。

ヤカン食堂

店内は結構広めなワンフロア。真ん中が宴会スペース,周りに厨房と向き合ったカウンターと仕切られたテーブル席。古びた大衆焼鳥屋のような印象で,オッサン的には居心地がよい。壁の一面にヤカンのディスプレイと,貸衣装のチマチョゴリ。ネット情報によると,これで成り切っての女子会ができるらしい。

ウリスル本生マッコリ@ヤカン食堂

取り敢えずマッコリだろうとマッコリ専用メニューを眺める。珍しいところも含めて十数種並んでいるが,結構品切れもあるらしい。で,聞いたことのない「ウリスル本生マッコリ」\580(以下税込)から。カラフェ代わりのヤカン入りがグラス4杯分弱の価格で4.5杯分でお得とあるが,色々飲んでみたいのでグラスで。グラスと言っても上の写真のようなアルミの平たいコップ。これでグビッといくと小学校の給食の脱脂粉乳を湯で溶いたヤツを思い出す。「ウリスル」自体は,私の好みよりも辛口だったが,生マッコリらしくシュワっとくる。

チャプチェ@ヤカン食堂

で,突き出し代わりに定番の「チャプチェ」\390,春雨の前菜。すぐ出る冷と温がある。辛くはない。

二東(イードン)生マッコリ@ヤカン食堂

続けてマッコリ2杯目は「二東(イードン)生マッコリ」\480。「生」でないやつは,どこの焼肉屋でも置いてある定番中の定番だな。こちらは飲み慣れた味。って,本物の「生マッコリ」は輸送できないんでしょ? こういうのは「生ビール」と同じ意味での「生」かな? 後から炭酸を加圧して封入しているだけか?

プルダック@ヤカン食堂

上の写真は「プルダック」\490。辛い焼鳥なんだが,以前他店で食べたものほど辛くない。ここは日本人の舌に合わせているのか。

トッポギ@ヤカン食堂

〆は「名物!屋台のトッポギ」\490。朝鮮餅だな。ウズラの茹で卵とホルモン的な何かが入っていた。これもあまり辛くない。
カウンターは厨房と向き合っていて,それまで店内の様子は気にしていなかったのだが,トイレに行こうと立ち上がると結構お客さんが入っている。オッサン風な店構えなのに9割ぐらいが若い女性。ひょっとしてK-POPファンとやらが集まる店なのか? トイレは2階にあったが,階段を上がると2階にも屋根裏風の座敷があった。
と,マッコリ4杯飲んで,勘定は3,390円。
なお,このお店,手広くやってる朝鮮料理チェーン「まだん」の姉妹店らしい。

韓国屋台酒場 ヤカン食堂
アクセス: 地下鉄長堀橋駅7号出入口より堺筋を南に2つ目の十字路,スーパー「グルメシティ」の角を西へ右折,周防町筋に入ってちょっと先の道の右(北)側ビルの1階。徒歩2分。黄色い提灯と朝鮮文字の看板が目印。「韓国食堂」との小さな看板が入り口の上にある。心斎橋駅6号出入口からも歩ける距離(約7分)。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-5-14
電話: 050-5799-4412
営業時間: 月~木・日・祝日 17:00~24:30(L.O.23:30、ドリンクL.O.24:00) / 金・土・祝前日 17:00~翌3:00(L.O.2:00、ドリンクL.O.2:30)
定休日: 無(大晦日・元日のみ休み)
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [長堀橋] [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR