居酒屋 海ごこち@地下鉄我孫子

去年(2016年)の11月20日開店という新しい居酒屋。Facebookによると堺店・深井店に続く3号店らしい。地下鉄我孫子って堺から進出してくる飲食店が多いな。大阪市内への橋頭堡として手頃なのか。
以前,喫茶店だった場所を新しく造作し直した店内は明るく清潔そう。入って右が厨房とカウンター席,カップルシートが3つ。左側はテーブル席で,奥はトイレと小上がりの座敷。居酒屋としてはそこそこの規模。お店は,スタッフ一同,チェーンの居酒屋にありがちな声出し元気系。1人しみじみ飲む店ではなく,仲間とわいわい飲む店だな。基本,厨房が男性スタッフ,フロアが女性スタッフのようだ。

生ビール+突き出し@海ごこち

取り敢えず,「生ビール(スードラ)」\390(以下税別)。サービスです,といって突き出しにワカメ炒めが出て来たが,後でレシートを見ると突き出し料金は付いていない,確かにサービスだ。
何もアテを注文していない段階で,さしみ醤油・天ぷら用の塩・大根おろしが次々と出て来る。上の写真のポットは天つゆ。お店のウリが天ぷらだとよく分かる。天ぷらは,品目の印刷された用紙に数量を書いてまとめて注文するスタイル。天ぷら以外は普通にオーダー。

蝦夷ばふんうに@海ごこち

天ぷら気分ではなかったので,コピー用紙の「本日のおすすめ」メニューから,上の写真「蝦夷ばふんうに」\890をオーダー。夏の北海道では散々喰ったがやはり旨い。

揚げ出し豆腐@海ごこち

続けて,定番メニューから「揚げ出し豆腐」\490。天ぷらと海鮮がウリのようだが,普通の居酒屋メニューの用意もある。

定番メニュー@海ごこち

上の写真は定番メニュー(クリックで拡大)。他に「本日のおすすめ」のコピー用紙に,刺身・一品が十数種ある。「あなご」一押しのようで,各種調理法で並んでいる。

ドリンク・メニュー@海ごこち

ドリンク・メニュー(クリックで拡大)。霧島酒造の「吉助 赤」\540があるのが珍しい。「赤霧島」は米麹だが,「吉助 赤」は麹も含めて全量「むらさきまさり」の芋焼酎。日本酒は菊正宗がメインだが,地酒の純米酒も何本か。

店舗外観@海ごこち

店舗外観。地元民のために付記しておくと,長年やっておられた喫茶「ペントハウス」の跡地です。

天ぷら 海鮮 海ごこち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口から,東へマクド入口の前を通ってその先の十字路を北へ左折。道の左側に並んでいる何軒かの酒場をやり過ごしてしばらく先。徒歩2分,下駄履きマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-26
電話: 050-5320-1912
営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日: 第1木曜日,大晦日・元日
喫煙: 可
リンク: Facebook ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

居酒屋 Kitchen和(nico)@心斎橋

東心斎橋の行き付けのお店の板さんが,この前行ってみたが料理が良かった,というので出掛ける。周防町筋の南の路地にあるL字カウンター9席の小さな居酒屋。「和」と書いて「ニコ」と読ませるらしい。奥の狭くて急な階段を上がった2階にも座敷があるようだ。カウンター内側の厨房では若くて元気な男性スタッフが4人。一番の年嵩が店長さんのようだ。
入店すると一番奥の席に案内されたのだが,この日は4人も白人系の体格の良い外人さん男女がいて,その背中をすり抜けるのが困難。やっと奥にたどり着いて,ほっと落ち着く。日本人客の年齢層はベテランサラリーマンといったところか。

生ビール@Kitchen和(nico)

取り敢えず生ビール。銘柄は確認しなかった。上の写真,ジョッキの後ろに張り紙が覗いているが,「TAKE OUT(お持ち帰り)」の「DASHIMAKI SAND(だし巻きサンド)」というのが気になる。

突き出し@Kitchen和(nico)

本日の突き出しは「根菜の煮付け」。ヘルシーだねぇ。

カツオ造り@Kitchen和(nico)

で,上の写真,アテは「カツオ造り」をお願いする。宮城産とあったが気仙沼か? カツオの刺身を頼む時はいつも冒険,「あ,タタキにすれば良かった」と後悔することもあるが,本日のカツオは造りに充分。そろそろ戻り鰹か,脂もそこそこ乗っている。

和歌山の酒「紀土」@Kitchen和(nico)

とりビーの後は日本酒にチェンジ。純米酒を揃えているというので,まずは和歌山の酒「紀土(キッド)」純米ひやおろしをグラスで。

奈良の酒「櫛羅」@Kitchen和(nico)

続けて,奈良の酒「櫛羅(くじら)」純米原酒。
以上,サクッと飲んで,お勘定は2,530円

路地@Kitchen和(nico)

雨の夜半でも賑わう路地。写真中央の「和」という文字を図案化したネオンがお店。向かいは懐石料理「もめん」,向こう隣りは牛タン「吉次」という濃い~い路地。他にも気になるお店があるので,また足を踏み入れるかも。

Kitchen和(nico)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より右,心斎橋筋商店街を南へ2ブロック行った最初の信号を東へ左折,周防町筋を1ブロック行った次の信号を南へ右折,道の右側に「たか鳥」という焼鳥屋があるのでその角の路地を入って右側。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
電話: 06-6213-1626
営業時間: 18:00~翌3:00(金・土 ~翌4:00)
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: Facebook 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

鯛めし 魚匠銀平@東心斎橋周防町

周防町に魚の美味しい店があると聞いて出掛ける。鯛めしが名物らしい。和歌山が本店だが,大阪・東京と手広くやっているらしい。
心斎橋店は,よく前を通るコンフォートホテルの地下。入口も高級店ぽいが,中も和風の造りでゆったりと空間が取ってある。カウンター,テーブル席,仕切られた小上がりの座敷席などとあるが,1人なのでカウンター席に案内される。椅子を2つずつ近付けて並べてあるカップル仕様だな。

生ビール@魚匠銀平

取り敢えず,生ビール。サッポロ黒ラベル。お酒にこだわった店というほどではないが,そこそこ置いている。通常の日本酒以外に地酒が6種。今回は,広島の「富久長 秋櫻 ひやおろし」と,高知の「安芸虎 ひやおろし」と,純米吟醸を1杯ずつグラスでいただいた。

突き出し@魚匠銀平

突き出しも残りモンっぽくない。もずく・枝豆・魚肉揚げ団子・チーズ。魚団子が揚げたてで旨い。これは期待できるなぁ。

造り盛り合わせ@魚匠銀平

夜9時前と遅い時間に入店したので,お造りはもう盛合せしかないという。なお,この店では仕入れた魚をその日のうちに使い切るため,8時以降の入店は魚料理は半額になるそうだ。
で,上の写真は,お造り盛り合わせの一番量の少ないヤツと頼んで5種1切れずつ。かつお・ひらめ・いか・さえずり・鱧湯引き。いや,評判通り旨い。鯨さえずりは初めて食べたかなぁ。ねっとりとした脂の旨味を味わう。ランチは安い値段でこのレベルの魚が出て来るそうだ。

鯛めし@魚匠銀平

〆は名物の鯛めし。米・水・出汁にこだわったという。ナメコの味噌汁と香の物付き。炊き上げるのに40分以上かかるというので最初に注文しておいた。
いや,確かに旨い。炊き込みご飯自体も旨いが,椎茸昆布も絶品。一緒に食べると食が進む。小茶碗2杯分あった。
以上で,お勘定は5,099円。

店舗外観@魚匠銀平

店舗外観。コンビニ「ポプラ」の横の吹き抜けの階段を降りると3軒ほどある飲食店の一番奥。

魚匠 銀平 (うおしょう ぎんぺい) 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より心斎橋筋商店街を南(右)へ,2ブロック先最初の信号を東へ左折,周防町筋を2ブロック行った先の道の左側コンフォートホテル地下飲食店街。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-15-15 ファルコン心斎橋ビルB1
電話: 06-6120-5553 / 050-5785-1605
営業時間: ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 日曜日(盆休みなど有り)
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

漁師直送居酒屋 うろこ屋@東心斎橋

ネットで良さ気な居酒屋を見かけたので心斎橋へ。心斎橋筋商店街から1筋東の駅近。魚と地酒が売りらしい。
入口がちょっと分かりにくかったが,看板を確認してエレベータでビルの3階へ。入ってみてビックリ。白を基調とした明るく清潔な内装で,高級割烹の雰囲気。左手手前に小上がりの掘り炬燵式個室が2室,その向こうにテーブル席,右手にカウンター席が8席ほど。1人飲みなのでカウンターに案内されたが,隣りとの間隔もゆったりと取られて居心地が良い。カウンターの向こうにはネットでお写真を拝見した大将が陣取る。

湯豆腐@うろこ屋

とりあえず生ビール「一番搾り」\450(以下税込)。で,大将から突き出し制ではないので「すぐできます」メニューなら速く出せますとの案内があったので,上の写真「湯豆腐」\250を。

純米「鳥海山」@うろこ屋

生ビールがなくなったところで地酒へ。まずは,秋田の酒「鳥海山」,純米吟醸生酒。う~ん。旨みはそれほど強くなく、酸味が勝った不思議な味だな。

造り盛合せ@うろこ屋

で,この店の名物だという「造り盛合せ」6種\500。お酒を飲むときは少食なので,こういうアテはいろいろ食べれて嬉しいな。店員さんが6種一切れずつの魚を説明してくれる。メニューにはもちろん他に様々な一品が並んでいる。

純米「青雲 颯」@うろこ屋

で,大将が隣りの常連らしき方に珍しそうなお酒を出していたので,お隣りの方に一言断って便乗する。大将の故郷,桑名の酒「青雲 颯(はやて)」,純米吟醸。酒米は「神の穂」だという。甘みに寄った旨みがほどほどでバランスのとれた味だ。

というように,今回は軽く飲んだので,勘定は2,710円。帰りは店の前まで大将にお見送りいただく。で,エレベータで地上へ降りてみたら,階段を駆け下りた大将がまたお見送り。いや,恐縮しました。

漁師直送居酒屋 うろこ屋 心斎橋本店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より右,心斎橋商店街を南へ下り次の十字路(大丸本館南東角)を左折。東へ進み次の十字路の南東角(右斜め前)のビル3階。入り口はビルの南側。徒歩1・2分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-24 ラメールビル3F
電話: 050-5785-2484 / 06-6245-0185
営業時間: 17:00~翌3:00(L.O.2:00)
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ブログ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

おでん 母や@美章園

そろそろ関東煮(かんとだき)の季節だなぁと,ネットで見かけた美章園のおでん屋に足を延ばす。学生時代は毎日乗っていた阪和線だが,美章園(びしょうえん)で降りるのは初めて,天王寺駅から阪和線で1駅。
で,駅から右(西)に3分ほど歩いて発見。外からも店内がよく見える。ここで満員なら帰るところだが,お客さんはカウンターに1組。入りやすそうな店構えなので入店。1人だと言うとカウンターにどうぞということでカウンターの端に陣取る。取り敢えず,生ビール中(スードラ)\380(以下税別)を頼んでじっくりとメニューを検討。丁度よいタイミングで女将さんから声がかかるのでおでんを3品ほど。

おでん(厚揚げ・玉子)@母や
おでん(ちくわ)@母や

で,厚揚げ・玉子・ちくわをお願いする。おでんは一品\150から。メニューの端に「コロ \700」と有ったのだが,残念マジックで消されている。

冷酒@母や

ビールが無くなったので,冷酒。菊正宗\650/300mlがあるのが嬉しい。飲んでるうちに地元らしきお客さんが次々と来て満員に。

クジラベーコン@母や

「おでん」と称しながら一品メニューも豊富。好物のクジラベーコン\750を追加した。クジラベーコンって店により当たり外れがあるのだが,ここのは大当たり。他の一品も期待できそう。

おでん 母や (おもや)
アクセス: JR阪和線美章園(びしょうえん)駅前の通りを右(西)へ阿倍野区役所方向に徒歩3・4分,道の左(南)側。
住所: 大阪市阿倍野区文の里1丁目4-6
電話: 06-6622-7876
営業時間: 月~土・祝 17:00~23:30 / 日 17:00~22:30
定休日: 水曜日・第4木曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [阪和線]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR