ベトナム酒場 ビアホイ@梅田

久し振りにベトナム料理。南船場の「アンゴン」(過去の記事),南堀江の「チャオルア」(過去の記事)の姉妹店。内装はベトナムっぽい雰囲気を意識してるようなダイニングバー。結構な大箱。「酒場(バール)」とあるが,料理の種類もコースから様々な一品まで豊富で,フツーのレストランメニュー。

ベトナムビール「ビア・ハノイ」@ビアホイ

取り敢えず,初めて飲むベトナムビール「ビア・ハノイ」\650(以下,税サ別)。アジア系の軽めの味わい。

ゴイクン(生春巻)@ビアホイ

まあ,ベトナムと言ったら取り敢えずこれだろうと,「ゴイクン(生春巻1本)」\350。レモングラスの味わいがいかにもベトナム。

ベトナムビール「フーダ」@ビアホイ

2杯目は,これも初めて飲むベトナムビール「フーダ」\650。こちらはちょっとコクがあるな。

ビールメニュー@ビアホイ

ビールメニュー。画像添付のビールの内,「タイガー(シンガポール)」と「ハイネケン(オランダ)」を除く,7種のベトナムビールが揃っている。次回もまだ飲んでいないビールを試してみよう。

バインクン(蒸し春巻)@ビアホイ

「生春巻」「揚げ春巻」は食べたことはあるが,「蒸し春巻」は初めて。「バインクン(蒸し春巻4本)」\840。上に太めのモヤシと細切りのハムがたっぷり乗っている。このハムがいつもと違う食感なんだが,ベトナムのハムか? 蒸されているのでレモングラスの香りが更に鮮烈。

調味料類@ビアホイ

で,蒸し春巻はあっさりとしているので,卓上の調味料をいろいろ試してみる。ヌックマム(魚醤)・シーズニング(たまり醤油?っぽい)・チリソース・海老粉のふりかけなど。味が変わって面白い。

フォーガー(鶏肉の米麺)@ビアホイ

で,様々なベトナム料理がメニューにあるのだが,アルコールを飲む時は少食でアテ程度しか食べないので,ここらで〆。〆もスープ麺・焼麺・ごはん類などなど様々な選択肢があるが,今回は基本の「フォーガー(鶏肉の米麺)」\880。南堀江の「チャオルア」では,フォーには別皿でたっぷりのザウムイ(パクチー)が付いてきたのだが,この店はなくてちょっと寂しい。

フォーガー(リフティング)@ビアホイ

麺は平打ちの米麺。スープも麺もあっさりとした味付けで飲みの〆にはぴったり。鶏肉がたっぷりと入っていた。

地上入口@ビアホイ

地上の入口には看板のみ。この螺旋階段を左へ降りて地下1階が入口。吹き抜けの下にテラス席が見える。3連休初日の土曜日とて,満席で入口で予約のリストに人数・名前を書いて,喫煙・禁煙・どちらでもと,テラス席の可・不可を選ぶ。1人だったし喫煙席を選んだのですぐに案内されたが,休前日は予約が無難なようだ。
なおメニューの価格は「税サ別」で,消費税とサービス料10%が付いて,勘定は4,004円。

ベトナム酒場 ビアホイ
アクセス: JR大阪駅御堂筋南口または大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅中改札口から東へ,阪急百貨店1階北側の東西コンコースを抜けて,JR高架下のファッション街「エスト」の南側の道を更に東へ。新御堂筋に突き当たって北へ左折,次の角。途中で斜めに抜ける道もある。御堂筋線中改札口から徒歩7・8分。
住所: 大阪市北区角田町2-15 城口ビルB1
電話: 06-6292-2345
営業時間: ランチ 11:30~15:00 / カフェ 15:00~17:30 / ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)なお金土祝前日は~23:30(L.O.22:30)
定休日: 年末年始
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

ベトナム料理 リヴゴーシュ@淀屋橋

芝川ビルというレトロなビルの地下にあるお店。店内はモダンかつシックな内装でオシャレなダイニングバー。店名の「rive gauche」はフランス語で「左岸」,パリのセーヌ川の南側地区を表すらしい。ということでコンセプトはフランス風ベトナム料理店らしい。見渡したところ,4人席が13卓にカウンターが10席ほど。ゆったりと空間が取ってあってカウンター席も居心地がよい。他に1室限定の完全個室があるらしい。

サイゴンスペシャル@リヴゴーシュ

取り敢えず,ベトナムビール「サイゴン スペシャル」\710。有名な「333(バーバーバー)」よりコクのあるこちらが好き。

ゴイ・クォン(生春巻き)@リヴゴーシュ

ベトナムと言えば生春巻。上の写真は前菜に頂いた「ゴイ・クォン(生春巻き)」\380x2。やや大振り。レモングラスの香りがいい感じ。ザウムイ(コリアンダー/香菜(シャンツァイ)/パクチー)が一葉乗っていたのでもちろんいただく。生春巻自体は野菜っぽいあっさり味なので,左の味噌を付けていただくと旨い。

ダイヴィエット@リヴゴーシュ

「ダイ ヴィエット」\610。初めて見かけたが,ベトナム唯一の黒ビールだそうだ。軽い甘みとコクがあって飲みやすい。

ティット・ヘオ・ルォック(ゆで豚とハーブのライスペーパー添え)@リヴゴーシュ

個人的にはベトナム料理といえば「ライスペーパー」の印象が強いので,一品料理から「ティット・ヘオ・ルォック(ゆで豚とハーブのライスペーパー添え)」\900。ゆで豚もあっさりかつどっしりで食べた感あり。
腹八分目で,あとフォー・ガーぐらいは入りそうだったが,煙草が吸いたくなったので〆にする。勘定は2,970円。

正面玄関@芝川ビル

お店の入っている芝川ビルの正面玄関。登録有形文化財に指定されているそうだ。ただ注意点は,この正面玄関からはリヴゴーシュには入れない。ビルの右(南)側の昔の通用口らしき入り口から入って地下に階段を降りる。

リヴ ゴーシュ RIVE GAUCHE
アクセス: 御堂筋の伏見町3丁目交差点から東へ次の十字路の南東角,徒歩1分。レトロなビルの南の通用口から地下に降りる。最寄り駅は大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅11号出入口だが,現在ビルの建て替え工事中で閉鎖されているので,13号出入口から東へ御堂筋を渡る。
住所: 大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビルB1
電話: 050-5798-3457
営業時間: ランチ 月~金11:30~14:00(L.O.14:00) 土・日・祝11:30~14:30(L.O.14:30) / カフェ 14:00~17:30 / ディナー 月~土17:30~23:00(L.O.22:00,ドリンクL.O.22:30) 日・祝17:30~22:00(L.O.21:00,ドリンクL.O.21:30)
定休日: 無休
喫煙: 不可(店のドアを出た右,階段下に灰皿と椅子の用意がある)
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [淀屋橋]

大阪カオマンガイカフェ@難波

東南アジアのチキンライスは,シンガポール・マレーシアの華人料理「海南鶏飯(ハイナンチーファン)」はたまに食べるが,ベトナムの「コム・ガー」やタイの「カオマンガイ」はまだ未食。で,難波へ出かける。
なんばシティ南館の前から東へ。この辺りは裏なんばの南で,日本橋(ポンバシ)のオタロードになるのか。老舗のマンガ専門書店「わんだ~らんど」へ行く道を逸れて見付ける。

シンハービール@大阪カオマンガイカフェ

お店は南国のカフェ風。入り口のレジでメニューを見て先払いで注文するシステム。取り敢えずタイのビールは「シンハー」と「チャーン」の2種があるというので「シンハービール(Singha Beer)」\650税込を選択,料理は「カオマンガイ(Khao Man Gai)」のR(並)サイズ\680税込をオーダーして,渡された番号札を持って案内されたカウンター席にて待つ。この時点で喫煙・禁煙を選択可。瓶ビールはコップを被せられてカチャカチャと出て来た。お冷はテーブルのポットからセルフサービス。

カオマンガイ(R)セット@大阪カオマンガイカフェ

続けて運ばれてきた「カオマンガイ(R)並」。中華の炒飯のようにスープが付いてくる。スープはネギを散らしただけのシンプルな味。カトラリーはスプーンとフォーク。

カオマンガイ@大阪カオマンガイカフェ

この店の「カオマンガイ」の印象は「海南鶏飯」とよく似ている。チキンとライスはあっさりとした味付けで,上にパクチーが乗っている。タレの味が濃いのがタイ風味か。ライスはたぶんタイ米「ジャスミンライス」。日本米と違った食感が面白い。キャベツの千切りにもほんのりパクチー味が付いていた。カウンターには「ごま油」の用意があり,「カオマンガイにかけると和風になります」とある。

大阪カオマンガイカフェ

料理は「カオマンガイ」以外にも,一品・カレーなどのタイ料理がカフェ飯にしては揃っている。

大阪カオマンガイカフェ Osaka Khao Man Gai Cafe
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。なんばCity北館と南館の間を日本橋3丁目方向に東西に伸びる道と高島屋の東沿いを南北に伸びる道の交差点「難波中2」より東へ一つ目の信号を南へ右折,次の十字路を過ぎた道の左側にある。徒歩1分ちょっと。
住所: 大阪市浪速区難波中2-4-14
電話: 06-6636-5177
営業時間: ランチ 11:30~15:00/ディナー 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日: 水曜日(祝日の場合は営業)
喫煙: 分煙
リンク: Facebook ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

バリ料理 ウブドスチ@四ツ橋

四ツ橋の焼鳥「権兵衛」へ行くたびに,帰りに廊下を下りエスカレータの方へまわる途中にバリ(インドネシア)料理店があって気になっていたので訪ねてみた。入り口の大きなガラス引き戸を開けて入る。突き当りがカウンター。左が厨房,右が広くなっていてテーブル席。窓から長堀通が見える。

バリハイビール@ウブドスチ

1人だったのでカウンターに案内されてまずはビール。インドネシアのビールは「ビンタン」と「バリハイ」があったので珍しい方の「バリハイビール」\670。コップが出てこなかったので,そのままビンから飲むのが現地風なのかな? 味は東南アジアによくある軽いタッチ。暑い気候ではこういうビールを水みたいに飲むのがいいのか。
スタッフは現地の人?男女数人。後で日本人女性が来てレジをやって貰ったが,この人がマネージャーか?

ウンピン(銀杏せんべい)@ウブドスチ

軽くつまもうと銀杏せんべいだという「ウンピン」\300。東南アジアから南アジアにかけてこういうせんべいが出て来るよな。ほろ苦いのは銀杏の味か。
メニューは結構豊富。写真と可愛らしいイラストと手書きの説明で分かりやすい。店名の「ウブド」というのはバリ島の村の名前らしい。そうこうしているうちにもまだ平日の6時前後だというのに次々と新しいお客さん。結構流行っているようだ。

アラック・ロック@ウブドスチ

続けてバリの米焼酎だという「アラック」\620をロックでいただく。どこかで飲んだようなクセが少しあるが,ロックでも飲みやすい。

ナシゴレン@ウブドスチ

〆は,インドネシアの定番の「ミーゴレン」(焼そば)にするか「ナシゴレン」(焼き飯)にするか少し迷ったが,「ナシゴレン」\850。スパイシーなケチャップライスだな。このスパイス風味は「サンバル」という調味料か?

ウブド スチ Ubud Suci
アクセス: 四ツ橋交差点北東角のビル2階。大阪市営地下鉄四ツ橋駅1-A号出入口のエスカレータを2階まで上がって廊下をぐるっとまわる。心斎橋からも歩ける距離。
住所: 大阪市西区新町1-4-12 ホワイトドームプラザ2F
電話: 06-6643-9859 / 050-5788-6924
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [四ツ橋] [心斎橋]

ベトナム食堂 チャオルア@南堀江

店内@チャオルア

久しぶりのベトナム料理,中国人のツレと南堀江の「チャオルア」へ行く。角っこに黄色の目立つ建物。店内は上の写真のように天井が高く結構広い。ここは南船場のベトナムカフェレストラン「アンゴン」(過去の記事)の姉妹店になる。

サイゴンスペシャル@チャオルア

屋台風の喫煙席に案内されて,まずはベトナムビール「サイゴンスペシャル」。ベトナム最大のサイゴン・ブリュワリーの輸入モルツ100%の上級製品らしい。軽いアメリカンタイプが多い東南アジアのビールにしては,コクのあるピルズナー風で好みのタイプ。

ゴイクン@チャオルア

取り合えずベトナム料理ならば生春巻だろうと「ゴイクン」。1本単位の注文になるので2本。2種のタレでいただく。あっさりといただける。

チャーゾー@チャオルア

上の写真は,揚げ春巻の「チャーゾー」。レタスが付いて来るので巻いてタレにつけていただく。東南アジアの料理はだいたい揚物にハズレはない。

333(バーバーバー)@チャオルア

2杯目は,同じくサイゴン・ブリュワリーの「333(バーバーバー)」。ベトナムで一番飲まれているビールらしい。味は東南アジア風のアメリカンタイプの軽い風味。暑い気候では,こういうビールの方がいいのか。

塩豚とライスペーパー@チャオルア

ベトナム料理と言えば,ライスペーパーが外せない。上の写真は「塩豚とライスペーパー」。豚肉と野菜を皿に一枚ずつ広げられたライスペーパーで巻いてタレをつけていただく。
ツレが今日はどんどん食べれると言うので,「イカのピリ辛」・「なんこつ豚」・「牛肉のサラダ」と注文。私はドリンク3杯目は「ネップモイ」というベトナムのもち米焼酎のベトナム茶割り。ツレは,最初の方のビールが気に入ったというので「サイゴンスペシャル」。

フォーガー@チャオルア

〆に「フォー・ガー」という鶏肉のフォー(平打ちの米麺)。ザウムイ(コリアンダー/香菜/パクチー)が付いて来たのでたっぷり入れていただく。いや,やっぱり「カメムシの味」だ。苦手な日本人が多いので別に付いて来たんだろうなぁ。

ケムカフェ@チャオルア

ツレの〆はデザート「ケムカフェ」。冷たいアイスクリームに熱いベトナム・コーヒーをかけていただく。
と,たっぷり食べて,ドリンク6杯飲んで,勘定は2人で10,090円。Amexで支払い。


ベトナム食堂 チャオルア Chao Lua
アクセス: 大阪市営地下鉄四つ橋線四ツ橋駅5・6号出入口の南,四ツ橋ランプ西の交差点から,西へ1ブロック,南へ1ブロック行った南西角。
住所: 大阪市西区南堀江1-14-1
電話: 06-6537-6789
営業時間: ランチ・カフェ 12:00~17:00/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 無休
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [堀江] [四ツ橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堀江] [南森町] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [上本町] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR