つけ麺 閃@地下鉄我孫子

煮干しラーメンで有名な行列店。「醤油」「塩」の中華そば以外に「つけ麺」「油そば」とあるが,今回はつけ麺。

つけ麺・煮玉子トッピング@中華そば 閃

「つけ麺」\850(以下税込)に「煮玉子」+\100をトッピング。券売機には「つけ麺」の隣りに「煮玉子つけ麺\950」のボタンが並んでいる。「大盛り」もあり。つけ汁は熱々,麺と具はひんやり。

つけ汁@中華そば 閃

つけ汁は,飲めるような濃さの店もあるが,閃は濃くて直接は飲めない。濃い汁が太麺に絡んで旨し。煮干しの香りが高い。

麺@中華そば 閃

麺は中太の平麺で,なめらかな表面にもちもちの歯応え。標準の具は,チャーシュー・支那竹(メンマ)・海苔。「中華そば」と共通かな。水準以上の味。トッピングの煮玉子もよく味がしゅんだ半熟の黄身。
食べ終わったら,つけ汁の椀をスタッフに渡して,帰って来たスープ割りでまったり。

店舗外観@中華そば 閃

店舗外観。右隣りは立ち飲み,向かいはコインパーキング。店の前の道は南行き一方通行。昼食時はしばしば行列だが回転は速い。昼2時半ちょっと前まで入店可で,2時前頃からなら入りやすい。夜は遅い時間ほど空いている。

過去の「中華そば 閃」の記事:
    2013/01/26 : 中華そば 閃@地下鉄我孫子 
    2016/01/09 : 肉あぶらそば 閃@地下鉄我孫子 

中華そば 閃(せん)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より地下鉄あびこ中央商店街(あびんこ商店街)を東へ。2つ目の十字路(角に百均realize)を南へ右折して道の左側。徒歩約3分。
住所: 大阪市住吉区苅田7丁目6-15
電話: 06-6608-5001
営業時間: 11:30~14:30 / 18:00~23:00
定休日: 月曜日
喫煙: 不可
リンク: Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

牡蠣ラーメン むんちゃん@地下鉄我孫子

2回ほど夜に牡蠣料理を食べに行った牡蠣料理専門店「牡蠣小屋むんちゃん」が,最近ランチ営業で牡蠣ラーメンを出していることを知った。で,さっそく牡蠣ラーメンを食べに行く。
黒板ランチメニューによると
    極上牡蠣ラーメン(牡蠣2個) \800(以下税込)
    極上牡蠣ダブルラーメン(牡蠣4個) \1,050
    極上牡蠣まみれラーメン(牡蠣8個) \1,500
とある。ただ,まだ試行錯誤中のようなので,このメニューは変更あるかも。夜も牡蠣ラーメンを始めたとの追記がある。

極上牡蠣ダブルラーメン@牡蠣小屋むんちゃん

で,上の写真,ちょっと贅沢に牡蠣ダブルラーメン。牡蠣と巨大な穂先メンマの存在感が半端ない。葱もたっぷり。

牡蠣リフティング@牡蠣小屋むんちゃん

ぷりっぷりの牡蠣。スープで温められて,牡蠣らしさが更に強調されている。4個は十二分に満足の量だな。

麺リフティング@牡蠣小屋むんちゃん

麺は,細ストレート麺がたっぷり300g。ランチには充分。パツンとした歯応えの麺。スープは牡蠣の風味を壊さないあっさりとしたもので工夫の跡が感じられる。

過去の「牡蠣小屋むんちゃん」の記事:
    2016/01/23 : 牡蠣小屋むんちゃん@地下鉄我孫子 

牡蠣小屋むんちゃん あびこ本店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へ,2つめの十字路(角に百均realize)を北に左折。少し先の道の右側マンション1階路面店。透明ビニールシートが目印。徒歩2・3分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-13-19
電話: 050-5785-8903
営業時間: ランチ 12:00~15:00 / ディナー 17:00~23:00 / 土・日は通し営業 12:00~23:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

博多ラーメン シロマルベース@梅田

久し振りに好物の博多ラーメンをいただきに梅田へ。「博多 一風堂」の別ブランド「シロマルベース」の梅田店へ。阪急メンズ館(旧ナビオ)東隣の「一風堂梅田店」の2階にある。「一風堂」の入口はドン・キホーテ向かいの角だが,「シロマルベース」入口は北へ路地を入る。平日夜8時,「一風堂」の前には十数人の行列だが,「シロマルベース」には行列はなし。2階へ上がると中待ちのベンチで3人の待ち客。カウンターのみ13席。すぐに席が空いて案内される。回転は速いようだ。

オーダーシート@シロマルベース梅田

ここは「一蘭」と同じように自分でオーダーシートを記入するシステム。まず「シロマルベース」「からかベース」「スタミナベース」の3種のスープから選ぶ。後は,スープの濃さ,麺の量・かたさ,各種トッピングとサイドメニュー。私はすぐに案内されたので,カウンターに座ってから,自分でオーダーシートとペンを取って書いたが,中待ちの客は店員から渡されてベンチで先に記入していた。
(なお現時点での梅田店メニューpdfはこちら。)

シロマルベースwithトッピング@シロマルベース梅田

今回は,上の写真「シロマルベース」\700(以下税込)。デフォルトの具はチャーシューと葱のみなので,トッピングとして,「煮玉子」\100と「のり」「きくらげ」2つで\100を追加。計900円。お好みで,カウンターの「すり胡麻」たっぷりと胡椒を投入。
スープの濃さは「特濃」ではなく「濃」を選んだが,ちょうどいい濃厚さ加減。「白丸元味」のスープをそのまま濃くした感じがよく出てる。煮玉子は黄身にまでタレの味が染みた絶品,「一風堂」の「半熟塩玉子」とはまったく違う。こちらの方が断然好みだな。
「チャーシュー」は薄く柔らかく脂の多いもの,味はよく染みている。「のり」は味付け海苔。「きくらげ」は量が多過ぎた。

シロマルベース(麺リフティング)@シロマルベース梅田

お約束の麺リフティング。極細ストレート麺,固さ指定はいつもの「バリカタ」。こちらの麺は「一風堂」と共通かな? なめらかないつもの麺。ヌルっとスープがキツ目にからんでいる。
なお替玉\100はもちろんある。

店舗正面@シロマルベース梅田

「シロマルベース」の入口は,「一風堂」とは別で,左側路地奥。行列の時は,2階入口を先頭に階段途中に並ぶようだ。

過去の「一風堂」の記事:
    2014/09/10 : 博多ラーメン 一風堂@難波 
    2015/10/25 : 博多ラーメン 一風堂@心斎橋 

SHIROMARU BASE 梅田店
アクセス: 各線梅田駅下車。阪急メンズ館(旧ナビオ)東側の路地の南側出口辺り。路地出口角が「一風堂梅田店」入口で,「シロマルベース梅田店」は路地手前の入口から階段を2階へ上がる。大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅中改札口から徒歩5分。
住所: 大阪市北区角田町6-7-2F(一風堂梅田店2F)
電話: 06-6363-2314
営業時間: 11:00~翌2:00 / 金土 11:00~翌3 :00
定休日: 年末年始
喫煙: 不可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

台湾まぜそば 麺や 一心@地下鉄我孫子

【移転】 (平野区喜連への移転のため)2016年12月に閉店しました。

我孫子筋東側歩道沿いにある地下鉄我孫子(あびこ)の人気ラーメン店「にんにくラーメン はなみち」の入っている常磐(ときわ)ビルのビル内通路を通り抜けた反対側出入口にあるラーメン店。この場所,一見「べらしお」→「五麺八舎(ごめんやっしゃ)」→「一心(いちころ)」とラーメン店が入れ替わったように見えるが,「一心」は「五麺八舎」が店名を変えてリニューアルしただけで,スタッフは変わっていない。なおリニューアルしてから「無化調」「自家製麺」になったらしい。
で,「べらしお」「五麺八舎」の頃は何回か入ったが,「一心」になってからは初めて。表の看板の「台湾まぜそば」に引かれて入った。店内は以前と変わらず,L字型の長いカウンターのみ。入り口脇に券売機。スタッフもフロアの女性と厨房の男性の2人体制と変わらず。

台湾まぜそば@麺や 一心

初めてだが,デフォルトのラーメン類は飛ばして「台湾まぜそば」\750(以下税込)の食券を購入。フロアの女性スタッフに渡して着席。「麺喰い」なので,「油そば」とか「まぜそば」などのような汁なし麺の方が,麺を頬張るという感じが強くて好きだ。
しばらく待って出て来る。確かに「台湾まぜそば」っぽいビジュアルだが,必須の辛い「台湾ミンチ」は入っていないように見える。

台湾まぜそば(まぜまぜ)@麺や 一心

で,「まぜそば」のお約束。タレが絡むように底から徹底的に混ぜる。辛子の有無を聞かれたので入れて貰ったが,ほどんど辛くない。辛いのが好きな人は好みで餃子用のラー油を投入すべきか。豚バラ肉が何枚も入っていて,これが味が染みていて旨い。途中で酢を投入して味変しようとしたが,カウンターの上には見当たらなかったので,奥から出して貰う。うん,酢が入るとさっぱりとして後半飽きない。

〆ご飯@麺や 一心

「追い飯」は別売りだったので,麺を食べ終わったところで,メニューにある「〆ご飯」\100を現金で出して貰う。

〆ご飯(まぜまぜ)@麺や 一心

〆ご飯(追い飯)を残ったタレに投入して,まぜまぜ。味のしみたご飯をレンゲで頂いて満腹。

麺や 一心 (めんや いちころ)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車。1号出入口と3号出入口の中間,「にんにくラーメン はなみち」のあるビルの中通路を通って反対側出口横。徒歩2分。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-28 トキワビル1F
電話: 06-6654-3064
営業時間: ランチ 11:30~15:00 / ディナー 19:00~24:00
定休日: 月曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙 ~14:00)
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

つけ麺 大勝軒@難波

東京東池袋に「大勝軒(たいしょうけん)」という「つけ麺」の元祖と言われるラーメン店があるらしい。今は亡き創業者が弟子に次々と暖簾分けしたので,今では数十軒の「大勝軒」が全国にあるらしい。で,その1軒を目指して難波へ出掛ける。
難波駅より「なんばCITY」を通り抜けて,日本橋のオタロードへ向かう途中に見付ける。看板に「東京東池袋」とあるから確かに暖簾分け店だ。
数人並んでいたが,すぐにスタッフに促されて店内に。私の番で「食券を買ってお待ち下さい」とのことで,店外の券売機で食券を買いスタッフに渡すと半券をちぎって返される。「準備ができ次第お呼びします」とのことで,少し待ってスタッフに促されて入店,「奥から詰めて」と席を案内されて着席。奥に長くカウンターのみ1列9席。前が厨房で,後ろの壁に荷物掛けのフックがある。

つけ麺(並)@大勝軒

「つけ麺(並)」\780(以下税込)に+\120で好物の「煮玉子」をトッピング。つけ麺は一般に太麺で茹で時間がかかるようだが,事前に食券を渡してあるので,それほど待たずに出て来た。

太ストレート麺@大勝軒

「並」の麺量は茹で上がり400g。「中」は800g,「大」は1,500gのようだ。太ストレート麺のつやつやの卵麺がいやでも食欲を高める。

つけダレ@大勝軒

「つけダレ(つけ汁)はよく混ぜて」とのことで,レンゲで底からすくうように混ぜると,一気に色が濃くなる。下層が煮干し醤油,上層が豚骨スープのようだ。で,つけダレをまずはそのまま味見。つけ麺なので当然濃い味付けだがそのままでも飲める濃さ。私的には好みの味。卓上の下ろしニンニクと胡椒を追加して,更に好みの味に。
つけダレの具は,チャーシュー2枚にメンマと葱。煮玉子が1個半入っていたので,デフォルトで半個入っているようだ。

麺リフティング@大勝軒

上の写真は,お約束の麺リフティング。つるつるで食べ応えのある麺としっかりとしたつけダレで,これは旨い。今まで食べたつけ麺の中では相当にレベルが高い。これはリピートしそうだな。チャーシュー・メンマも味がよく染みていてそれなりにいける。煮玉子は,半熟と固茹での中間辺りの茹で加減だが,これもいい感じ。途中でつけダレに酢を投入して味変を試みる。食べ終わって,そのままのつけダレを更に味わってから,最後に熱々のスープ割りを頂いて完食。

外観@大勝軒

繁忙な時間帯は行列必至だが,有名店だけにスタッフが手慣れていて待ちにストレスはない。

大阪大勝軒 (たいしょうけん) 日本橋店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。なんばCITY本館と南館の境目の道路東端「難波中2」の交差点より,なんさん通りを東(日本橋3丁目方向)へ進み,一つ目の信号のある十字路を南へ右折,道の左側すぐの路面店。徒歩1分。
住所: 大阪市浪速区難波中2-1-12
電話: 06-6641-6688 (予約不可)
営業時間: 11:30~21:40
定休日: 年中無休
喫煙: 不可(店舗の前に灰皿あり)
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堀江] [南森町] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [上本町] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR