台湾料理 同客餃子館@東天満

Youtubeで見かけた台湾料理店。国道1号線(曽根崎通)と天満橋筋の交点,東天満交差点南西角にある。ネットでググると「台湾同客餃子館」と「大阪同客餃子館」の2つの表記が混ざってる。「同客」は「トンクー」または「どうきゃく」と読むらしい。
台湾で創業30年の同名店を3店舗やってたらしいが,料理人の親父さんの体調も思わしくなかったので,日本留学から帰った息子さんが,「日本にいる留学生などの台湾人に故郷の味を食べさせたい」と勧めて,店を人に任せての日本進出だという。親父さんが厨房,息子さんがフロア担当のようだ。息子さんは日本語堪能だが,親父さんが日本語を話している姿は見なかった。
で,取り敢えず生ビールを頼むと,息子さんにセットの方が安いと勧められる。生ビール中(キリンラガー)は単品で\380,水餃子(5個)は単品で\300だが,「お得セット(生ビール+餃子または唐揚げ)」なら\500だというので,「生ビール+水餃子」(焼餃子もあり)をいただくことに。

水餃子@同客餃子館

キリンラガー生をいただいていると程なく出て来た水餃子。結構大ぶり,二口サイズぐらい。タレを付けていただくと,これが旨い。皮は水餃子らしく厚めでもっちりとした食感。具(餡)もしっかりとしている。今まで現地の人が料理人の本格中華で食べた水餃子の中では1・2の旨さ。

台湾ビールプレミアム@同客餃子館

これはやっぱり台湾ビールだなと,続けて「台湾ビールプレミアム」\500をいただく。すっきりとした口当たり。

日式魯肉飯@同客餃子館

上の写真は「魯肉飯(ルーローファン)」\450。台湾風と日本風が選べるがどちらがいいかと聞かれた。台湾風はよそでも食べられるので,この店オリジナルだという日式魯肉飯をいただくことに。台湾では生卵は食べないが,日本人は卵かけご飯が好きなのでそれに合わせたという話。オーダーしてすぐに出て来た。

黄身がとろり@同客餃子館

目玉焼き?を割ると黄身がとろりと流れる。八角の風味が台湾を感じさせる。これも旨し。台湾では魯肉飯は料理の「付け合せ」の扱いなので盛りが少ないと聞くが,これも日本式なのか,しっかり丼飯の分量。
と,満足して適度に酔って,ここは次回は台湾本場の魯肉飯をいただこう。日式関東煮ではない「台湾のオデン」というものも試してみたい。八角と漢方は日本人に合わせて控えめにしているというが,現地風もいいなぁ。

ドリンクメニュー@同客餃子館

上の写真はドリンクメニュー(クリックで拡大)。フードメニューはページ数が多いので撮らなかったが,台湾料理の数々が,街の大衆中華なみの価格で並んでいる。

店舗外観@同客餃子館

店舗外観。目立つ看板なので見落とさないかと。1階のカラオケ店の右側のドアを開けて階段を2階へ上がる。店内は,カウンター4席,テーブルは4人席3卓・2人席1卓(補助の椅子あり)。他に半個室に4人席1卓・2人席1卓。

大阪同客(トンクー)餃子館
アクセス: 大阪市営地下鉄南森町駅下車。地下道で東に繋がっているJR東西線大阪天満宮駅2号出入口より国道1号線(京阪国道)を東へ徒歩4分,東天満交差点の南西角,ビルの1階ドアを入って2階店舗へ階段を上がる。
住所: 大阪市北区東天満1-2-15 キタムラビル2F
電話: 06-6355-1258
営業時間: 昼の部 11:00~15:00 / 夜の部 17:00~22:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: Facebook 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [南森町]

本場台湾ラーメン 味仙@三津寺

本場台湾ラーメンの店「味仙(あじせん)」の本店。なんばCITYの飲食ゾーン「なんばこめじるし(なんこめ)」に支店があるらしい。台湾ラーメンと言っても単に「台湾ラーメン」と称する名古屋ラーメンの店ではなく,本物の台湾ラーメンの専門店。店名も「みせん」ではなく「あじせん」と読む。
三津寺筋の路地の奥突き当りにクランク状のカウンターのみ15席ほど。酔客の〆のラーメン御用達らしく,平日の7時前は貸切状態だった。
席についてメニューを見ると「あっさり」から「激辛」まで4段階の辛さ。「台湾麺」「担仔麺」「炸醤麺」「四川麺」と順に辛くなるらしい。一番辛い「四川麺」の横には「ケツとケツアツに注意」と書いてある。余り辛さに強くない(食べる分には大丈夫だが,汗が吹き出す)私は辛さ下から2番めのピリ辛「担仔麺(タンツーメン)」税込750円。

担仔麺@味仙

上の写真は担仔麺のビジュアル。台湾ミンチとセロリの細切れが特徴的だ。
取り敢えずレンゲでスープを一口。独特の「あぁ台湾だなぁ」という香りがする。台北駅のフードコートの通路に充満していた香りだが,こちらはほんのりなので苦手な人でも大丈夫。スープは,日式ラーメンのような「こってり」ではなく,ごくごくあっさりだが,充分に旨味がある。飲みの〆に最適。

担仔麺リフティング@味仙

で,リフティング。麺は,台湾麺専門の製麺所から取り寄せているそうだ。中細ストレートの卵麺。
煮玉子は固茹で。日式ラーメン的には半熟味玉なんだが,台湾ではこちらが普通なのか?

看板と路地@味仙

三津寺筋の路地の奥突き当りだが,路地入口に目立つ黄色の看板が置いてある。灯りが点っていれば営業中。

味仙 (あじせん) 心斎橋店
アクセス: 地下鉄難波(なんば)駅14号出入口より北へ徒歩4分,地下鉄心斎橋駅6号出入口より南へ徒歩5分。御堂筋三津寺の南を三津寺筋(みってらすじ)へ東に入った道の心斎橋筋寄りの南側の路地の奥突き当り。路地入り口に黄色い看板あり。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋2-6-19
電話: 06-6212-5060
営業時間: 18:00~翌5:00 / 日祝 12:00~翌2:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

刀削麺 雲隆@道頓堀

道頓堀を歩いていると「刀削麺」との目立つ看板。大連料理「万宝海鮮屋」の並び,少し西側。というわけで,後日,飲みの〆のラーメン代わりに寄ってみた。
入ってみると,中国現地の雰囲気。スタッフも皆中国人のよう。看板には大きく「刀削麺」とあるが,メニューを拝見すると普通の中華料理店並みに色々単品の料理がある。刀削麺は看板メニューだが,刀削麺専門というわけではないようだ。フツーに中華料理屋使いが出来る。

台湾刀削麺@雲隆

で,お目当ての「台湾刀削麺」。ミンチ肉が特徴的。野菜など具多め。メニューには,ところどころの料理に唐辛子マークが1から3個付いている。たぶん辛さの目安。刀削麺の各メニューには1・2・3個の唐辛子マークがあるが,台湾刀削麺は唐辛子マーク2つ。ちょっと出て来る前はビビったが,実際にはそんなに辛くなかった。

台湾刀削麺リフティング@雲隆

で,リフティング画像。こういう日本にはない太い平麺も結構好きだ。台湾気分でいただく。

中国料理 刀削麺 雲隆
アクセス: 大阪市営地下鉄・近鉄日本橋駅より堺筋を北(長堀橋方面)へ。日本橋南詰(手前)で西(左)へ道頓堀商店街へ入り少し先,道の北(右)側。徒歩3・4分。難波駅からも遠いが歩ける距離。
住所: 大阪市中央区道頓堀1-1-8
電話: 06-6211-7797
営業時間: 17:00~翌朝4:00 / 土日 11:00~
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [日本橋] [難波]

小籠包 鼎泰豊@高島屋本店

中国人のツレと2人で,難波の高島屋本店7階にある小籠包で有名な「鼎泰豊(ディンタイフォン)」へ。台北の本店には2回ほど行ったことがある。高島屋の店もこれで3回目。高島屋内の「なんばダイニングメゾン」という飲食店街の中ほどにある。前回,1人で食べたときに店員に「予約できるか?」と確認したのだが,夜は予約不可とのこと。で,直接行ってみる。平日夕方早くは並ばずに入れたのだが,日曜の夜とて行列。先頭に「30分」と表示してある。ツレに「待つ?」と確認して店員に予約。店外の椅子に座って待つ。25分ほどで順番に。
さすがにデパート内のレストランらしく,明るく清潔そうな店内。ただ2人席のテーブルはやや狭い。料理を何品も注文すると置けないなぁ。
席に着くとジャスミン茶の急須が出て来る。ツレいわく,中国の食べ物屋ではお茶は有料で高いが,日本はサービスがいい,との事。で,お茶だけではなんなので,とりあえずドリンク。私は生ビール(一番絞り)税別\600。ツレはオレンジジュース\400。途中で甕出し紹興酒グラス\400をロックで追加。

小籠包@鼎泰豊

お得なセットメニューもあるが,ここは単品で注文。上の写真は基本の小籠包\780。台北の本店では一人前10個だが,ここは6個。針生姜の入った小皿とレンゲが出て来て,テーブルの酢醤油でいただく。本店では別々だが,日本の店では,酢と醤油は始めから混ぜてある。他の店の小籠包はずしりと重いが,ここのは軽くていくらでも食べられる。これが好みだなぁ。旨い。わざわざ行列して食べるだけの価値はある。

台湾ピータン@鼎泰豊

中国人の店ではいつも頼むピータン\560。メニューには「台湾ピータン」とある。これも旨い。中国人のツレも絶賛。白身(黒身)の部分が透明で透き通っている。見かけからして旨いのが分かる。

豆もやしのピリ辛和え@鼎泰豊

辛い物好きのツレのリクエストで,豆もやしのピリ辛和え\480。でも全然辛くなかった。「ピリ」辛だからだろうなぁ。

蟹みそ小籠包6個@鼎泰豊

せっかく小籠包の店に来て,一人当たり3個では寂しい。で,蟹みそ小籠包\1,380。6個と4個の選択肢があるが,もちろん6個入り。注文するときは,お印程度に蟹みその香りがついているんだろうなぁと予想したが,これが口に入れてビックリ。口の中一杯に蟹みその味が広がる。ノーマルの小籠包とはまったく別の食べ物になっていた。今回は食べなかったが,これなら帆立の小籠包も期待できそう。1人で食べるときは,3種セットというのもあるので今度試してみるか。

豚肉の香り揚げ炒飯(排骨炒飯)@鼎泰豊

で,〆は炒飯。ツレが台湾の排骨(パイクー)が気になると言う。排骨とは,骨付きの豚肉を揚げたもの。台湾と中国では揚げ方が違うと聞いたらしい。で,麺と炒飯の選択肢があったが,メニューに中国語で「排骨炒飯」とある豚肉香り揚げ炒飯\1,300を注文。2人で分ける。注文は「パイクーチャーハン」で店員に通じた。
鼎泰豊の排骨(パイクー)はちょっとお上品。柔らかく揚げた豚肉に骨が少しだけ付いていた。台北駅前の大衆食堂で食べた排骨麺(パイクーミェン)の排骨はがっしりした骨が付いたワイルドなものだったが。でもこれも旨い。下の炒飯はまあ普通。可もなく不可もなし。
と頂いて,ここらで満腹。小計\5,900に消費税が\295付いて,勘定は2人で6,195円。

鼎泰豊(ディンタイフォン)なんばダイニングメゾン店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線・南海難波駅 高島屋本店7階なんばダイニングメゾン内
住所: 大阪市中央区難波5-1-18
電話: 06-6633-1103
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 不定休(高島屋に準ずる)
喫煙: 不可(店外,7階奥のトイレ前に喫煙室あり)
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR