チュニジア料理 ラ・グレット@西天満

【閉店?】

アフリカ料理2軒目。地中海南岸のチュニジア料理。「チュニジア」というより「カルタゴ」といった方が知名度は高いかも。アフリカ大陸の北端のアラブ圏の国。
このお店,以前に「カルタゴキッチン」という店名だった頃に1度お邪魔している。料理の幅を「地中海料理」に広げて改名したようだ。でも,コースの組み立てなどを見ているとチュニジア料理一本の頃とあまり変わりはない。「ラ・グレット」というのは,首都チュニス近郊の港町で有名なリゾート地らしい。
で,大阪市営地下鉄南森町駅の1号出入口でツレと待ち合わせ。出口を右へ,国道1号線の北側の歩道を西へ歩く。阪神高速の高架をくぐり,更に信号を2つ越え,その先2ブロック先(大阪弁護士ビルの角)を右折。1ブロック北の角にお店の青いドアが見える。徒歩10分弱。
白い壁に青いドアと窓といった可愛らしい外観。店内はそれほど広くないが,清潔感があって落ち着く。

チュニジア・ビール「セルティア」@ラ・グレット

席について,とりあえずのドリンクは,私はチュニジア・ビールの「セルティア」\680。ツレは「マンゴー100%ジュース」\630。グランド・メニューは料理のオーダーの後,引き上げられるが,テーブルに小さなドリンク・メニューがある。ドリンクの追加に便利。で,後で「地中海産グラスワイン(赤)」\700を追加。
セルティア・ビールは,甘みが先にたち,苦味は少ない。いわゆるフルーティーなビール。ワインもまあ普通かな。

で,料理は「カルタゴ・ペア・コース」を選ぶ。2人前で7,980円。プリフィっクスでいくつか選択肢があるのだが,まだ2度目のチュニジア料理初心者なので,シェフにお任せする。

スープ@ラ・グレット

まずは上の写真のスープ。細かい具が沈んでいる。牛ミンチとクスクスか? ホームページのメニューに「チュニジア産の麦と牛テールをじっくり煮込んだ」ショルバスープというのがあるので,それかも知れない。

プチパン@ラ・グレット

プチパン。熱々のミニ・フランスパン。

メシュウィーヤー@ラ・グレット

上の写真は,「メシュウィーヤー」。サーディンが乗っかっている。このペーストが後から辛い。四川料理の辛味とは別物だ。辛いがパンに塗っていただくと,よく合う。

フレッシュサラダ@ラ・グレット

フレッシュサラダ。ツナサラダだった。

ブリック@ラ・グレット

上の写真は「ブリック」。チュニジア風揚げ春巻だというが,どちらかというとインドのサモサに似ている。美味しい。

フィルフィルマフシ@ラ・グレット

上の写真は「フィルフィルマフシ」。パプリカの包み料理。

ハーブチキン@ラ・グレット

ハーブチキン。ハーブが良く効いて,柔らかく仕上がっている。美味しい。

クスクス@ラ・グレット

上の写真は「クスクス」。中心に盛られているのが「世界最小のパスタ」クスクス。名前だけは良く聞くがあまり食べる機会がない。アフリカ料理を食べているという感じがする。まわりのシチューは,カボチャ・銀杏(ぎんなん)などが具。

アイスクリーム@ラ・グレット

食後のデザートはアイスクリーム。まわりのホワイトチョコが甘くて,アイスクリームとよく合って旨い。
で,満腹して,勘定は2人で9990円。カードが使えないとのことで,現金で支払い。

カルタゴキッチン ラ・グレット
アクセス: 地下鉄南森町駅と地下鉄東梅田駅・JR北新地駅の中間辺り。いずれからも徒歩10分弱。
住所: 大阪市北区西天満6-6-6
電話: 06-6364-1665
営業時間: 17:30~23:00(火曜日~土曜日)・17:30~22:00(日曜日)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

【追記】2012/02/17 最近,店名を「カルタゴ・キッチン」に戻されたようです。また「ぐるなび」のページを見付けましたので,リンクを追加しました。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [西天満] [南森町]

エチオピア料理 アクスム@心斎橋

【移転】 この記事の末尾参照

4月24日(土)の訪問。たまには珍しいものを食べようと,中国人のツレと2人で,東心斎橋のエチオピア料理の店「アクスム」へ行く。何年か前に2度ほど来たことがある。大丸本館の南東角から東へ1ブロックと少し行った先の狭い敷地に建つ雑居ビルの5階。古めかしいエレベータを上がる。店内はそこそこの広さ,バー風のカウンター席とテーブル席。スタッフはマスターらしき男性と,料理担当の女性。2人ともエチオピアの人らしく黒い肌。祝いの熨斗付きの酒瓶がカウンターの隅に並んでいて,開店9周年のようだ。

ケニア・ビール「タスカー」@アクスム

で,まずはアフリカのビール。残念ながらエチオピア・ビールはないとのことで,ケニアの「タスカー」(上の写真)\700。アフリカ象のラベルが雰囲気。軽めの極普通の味で,癖もなくいくらでも飲める。

ヤギ・カバブ@アクスム

で,料理はカバブ(串焼き肉)。チキンとヤギがメニューにあったが,ここは当然ヤギ。ヤギ・カバブ(上の写真)\1,100は,ヨーグルトとベレベレ(エチオピアンレッドスパイス)にじっくり漬け込んだということで,まったく臭みはない。しかし山羊だけに中々の歯応え。もちろん食べれないほどではない。レモンと後から辛味の来るソースに付けていただく。

ドロ・ワット@アクスム

上の写真は,メインの「ドロ・ワット」\980。料理の分類的には「カレー」になるか。ドロ・ワットがチキン,カイ・ワットが牛肉,イェバク・ワットが子羊。逆にドロ・アリチャ,イェバク・アリチャとなると,マイルドソースの煮込みになる。「ドロ・ワット」は結構ホットで,これが今日の料理の中で一番ツレに評判が良かった。

インジェラ@アクスム

上の写真のように,インジェラ\450に包んで手でいただくのがエチオピア式。インジェラは,エチオピアでしか採れないテフという穀物で作られたクレープ状のパンで,エチオピアの主食。独特の風味があってしっとりとしている。

アタクルト@アクスム

で,野菜系2品。アタクルト(上の写真)\880は,じゃが芋・玉葱・人参のマイルドな煮込み。塩味がメイン。

アクスム・サラダ@アクスム

上の写真は,アクスム・サラダ\780。まあ普通の生野菜だが,エチオピアのドレッシングがかかっているという。ドロ・ワットにもゆで卵が入っていたが,このサラダにもゆで卵が付いていた。

Sojin Project の過去ログ
    2006/07/26: トラディショナル
    2006/10/01: Aセット

エチオピア レストラン&バー アクスム
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅6号出入口より徒歩3分
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-17-15 丸清ビル5F
電話: 06-6241-5838
営業時間: 17:00~03:00
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図

移転先: 大阪市中央区東心斎橋2-1-18 八木ビルB1F / 06-6210-3243 / 周防町筋から千年町筋へ南に入ったちょっと先の道の左(東)側のビルの地下1階 / リニューアルオープンに伴いしばらくはドリンクのみ(要問合せ)
【追記】 先日,千年町を通り掛かったのだが,アクスムの移転後の店舗が見付からない。というか,別のお店になってるよう。「ぐるなび」ページも消えているし,閉店したのか? 調理担当の妹さんが国に帰ったので,ドリンクオンリーだとは聞いていたが。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR