水餃子・羊肉でちょっと一杯 双琉@地下鉄我孫子

麻婆豆腐と炒飯で,地元よりネットで有名なお店。特に激辛好きのネット民に「極痺 四川麻辣豆腐」という麻婆豆腐の最凶バージョンが評判。地下鉄駅からも徒歩5分だし,近くにコインパーキングも多いので,いつも前を通る度に盛況で,隣の中伊バルにまではみ出して,宴会気分で盛り上がったお客さんで賑わっているのだが,ある日の夜,前を通りかかると珍しく空いていたので久しぶりに入ってみた。時々ランチには来ているのだが,夜は開店当初に何回か伺って以来。

店内風景@双琉

上の写真は,店内風景。いつもお客さんで立て込んでいてこんな写真は撮れないのだが,珍しく先客2人が帰って貸切状態になったのでパチリ。左奥のビニシーが入口。背中側は厨房とトイレ。水や灰皿はセルフサービス。この日はこの後私が帰るまでに2組5人が入店しただけ。

生中(サッポロ黒ラベル)@双琉

取り敢えず「生中(サッポロ黒ラベル)」\450。オーナー兄弟2人の両親がやっておられるという自家農園製野菜の突き出しも登場。この店の野菜は新鮮で旨い。

水餃子@双琉

アテは好物の水餃子。「夜な夜な手作り水餃子」(黒ダレ・赤酢・酢醤油)3個\270~を赤酢で。もっちりとした皮が旨い。常連向け裏メニューで「スープ餃子(湯餃子)」もできるらしい。

紹興酒@双琉

続けて紹興酒。「古越龍山」3年・5年・8年と選択肢があるが「金龍 5年」グラス\580をロックで。この「古越龍山」,他所の店でも見かけるし,中国で一番売れていると壁のメニューにあるので,日本で言えば,白鶴・松竹梅とか,いいちこ・黒霧島のような大衆酒か。

羊肉と太もやしの四川炒め@双琉

上の写真は,「羊肉と太もやしの四川炒め」\750。ま,この店では麻婆豆腐が定番なのだが,ここのは塩辛くてちょっと私の口には合わないなぁ,と様々な調理法の料理が並ぶメニューを見ていると,好物の羊肉メニューを発見したのでこれに決める。「四川炒め」なので当然辛口,汗が噴き出してくるが,「辣」よりも痺れる「麻」が突出してなかなかに旨し。
と,少食の私の適量いただいて,勘定は2,250円。

過去の「双琉」の記事:
    2016/04/03 : 中国小菜 双琉@地下鉄我孫子(ランチ)

中国小菜 双琉 (そうりゅう)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へ,スギ薬局・辻整形外科を過ぎた先の道の左(北)側,下駄履きマンション1階のビニシー路面店。徒歩4分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 メゾン大友1F 106号
電話: 06-6655-0616
営業時間: ランチ(火~金) 11:45~14:30(L.O.13:45) / ディナー(火~日) 18:00~22:30(L.O.21:45)
定休日: 月曜日(土日月はランチ休み)(時々不定休があるし人気店なので電話予約が無難)
喫煙: 可(ランチタイム禁煙)
リンク: 地図 

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

梅蘭焼きそば@阪急三番街

横浜中華街に本店があるという「梅蘭(ばいらん)」という中華料理屋に「梅蘭焼きそば」という名物があるという。福岡から東京まで手広くやっているようで,大阪には6店舗あるらしい。で,阪急三番街店まで出かける。
店内はそこそこ広い。テーブル席がメインだが,カウンター席も少しある。また,アコーディオンカーテンで個室として仕切れる円卓も2つ。別々の個室としても,1つの大きめの個室としても使えるので宴会利用も可。

生ビール(サッポロ生中)@梅蘭

取り敢えず,生ビール(サッポロ生中)\570(以下税込)。オサレなグラスで出て来るが結構たっぷり入っている様子。

梅蘭焼きそばメニュー@梅蘭

メニューの「梅蘭焼きそば」のページ(クリックで拡大)。ノーマル・辛口・海鮮とバラエティがある。小サイズの用意もあり。これはアテ需要かな?
他にも前菜から始まって,中華のメニューが厳選されて並んでいる。

梅蘭焼きそば@梅蘭

上の写真が,今回の目的の「梅蘭焼きそば(普)」\900。普通サイズでがっつりといただく。表面は麺がカリカリに焼かれている。

梅蘭焼きそば(リフティング)@梅蘭

しっかりと焼かれた表面を割ってみると,中から具と一緒に緩めの餡が絡んだ柔らかい麺が出現。しっかりとした味付けで普通の中華焼きそばとしても旨い。麺もいい。いや「名物」を名乗るだけはある。必食。
なお,トイレは店内になく,店舗を出て右または正面に進んだところにあるが,どちらも遠い。禁煙といい,長時間の宴会向きではないな。

梅蘭(ばいらん)阪急三番街店
アクセス: 各線梅田駅・JR大阪駅下車。阪急三番街南館地下2階のレストラン街の南東角。
住所: 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
電話: 06-6372-2688
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:20)
定休日: 不定休(阪急三番街に準ずる)
喫煙: 分煙(確認していないが,たぶん平日夜の個室以外は禁煙)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

餃子 珉珉(みんみん)@西心斎橋

餃子チェーンといえば「王将」か「珉珉(みんみん)」かということになるのだが,本店は昭和28年創業の「珉珉」の心斎橋店へ。こちらは直営店ではなく,のれん分けのお店になる。
アメ村の北のはずれ,目立つ看板のお店に入れば,12人ほど座れる大テーブルと4人掛けが3卓,5人掛けが1卓と大衆中華にしてはこぢんまりとしている。

生ビール@珉珉

取り敢えず「生ビール」\500(以下税別),銘柄は確認し忘れた。注文を取ってくれた女の子が東アジア系外国人らしく,「生は先に」という日本語が通じなかった。英語も駄目で,「ビール,早く」でやっと通じたようだ。

餃子@珉珉

で,まずは餃子\250。生ビールに焼餃子の組み合わせは,日本人にとっては鉄板だな。タレは自分で卓上の小皿を取って,ラー油・酢・醤油を混ぜる。壁には「酢7:醤油3」との指示の張り紙が。
一口食べて,いや確かに評判通り旨い。軽い食感で次々といくらでも食べられる。

ジンギスカン@珉珉

続けて,壁に「名物」とあった「ジンギスカン」\680を。ビアホール「ニューミュンヘン南大使館」のような焼いた羊肉を想定していたのだが,出て来たのは煮込み。一口食べると確かに好物の羊の味がする。が,ちょっとマトン肉が固い。味付けも濃くて最初はいいんだが,これは白ご飯必須だな。酒のアテにはならない。ちょっと残してしまった。

メニュー@珉珉

上の写真は卓上のメニュー(クリックで拡大)。大衆中華(日式中華)としては充分な品揃え。

写真付きメニュー@珉珉

裏側の写真付きメニュー(クリックで拡大)。

店舗正面@珉珉

店舗正面。左上の看板が遠くからでも目立つ。

元祖餃子舗 珉珉(みんみん) 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅7号出入口(心斎橋オーパ)より,オーパとホテル日航大阪の間の道を西へ徒歩1分ちょっと,道の左(南)側,路面店。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-9-28
電話: 06-6241-9285
営業時間: 11:00~翌01:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

中国小菜 双琉@地下鉄我孫子

麻婆豆腐と炒飯が評判の中華料理店。ここも近所の煮干しラーメンの「中華そば 閃」と同じく,地元の評判よりネットでの評判の方が高い。夜は地下鉄や車(近所にコインパーキングが多数ある)で来たお客さんで賑わっている。開店当初は何回か夜に来たが,最近は夜はいつも一杯なので,1時過ぎぐらいの遅いランチしか入れていない。
で,今回はランチの紹介だが,同じものは夜も食べれるはず。夜は中華の一品が更に増える。店名に「小菜」とある通り,一品の盛りが控えめなので,少人数で色々食べることができる。注意点は,土日はランチをやっていないことと,定休日の月曜以外に時々不定休があることかな。
ランチメニューでもセットと単品の種類がそれなりにある。ランチの食べ放題の白ご飯はセルフサービスで炊飯器から自分でよそう。水やおしぼりなどもセルフサービス。

麻婆豆腐ランチセット@中国小菜 双琉

上の写真は,「麻婆豆腐ランチセット」\850。

ランチセットの野菜たち@中国小菜 双琉

ランチセットの野菜たち。日替わりの自家農園製の野菜たちがとにかく新鮮で旨い。量もたっぷり。

麻婆豆腐@中国小菜 双琉

で,メインの麻婆豆腐はというと,舌が痺れる辛さ。汗を拭きながらいただく。白ご飯がどんどん進む旨さ。塩気も少し強いのでこれも白ご飯のお代わりを進めさせる。
実はこの上に更に辛い「極痺 四川麻辣豆腐」と言うのがあるのだが,多分「激辛好き」しか味わってはいけない領域だろう。「麻婆」ではなく「麻辣(マーラー)」なことに注意。

小海老と青菜の炒飯@中国小菜 双琉

上の写真は,ランチ単品の「小海老と青菜の炒飯」\750。+\100で,ランチセットの野菜たちを付けられる。で,この炒飯がとにかく旨い。フワパラで料理人の腕を見せつけさせられる。具も新鮮でレベルが高い。
ところで+\100のランチセットには野菜プレート以外に白ご飯食べ放題も含まれるので,野菜をオカズに白ご飯をいただくことも可能。なんなら炒飯をオカズに白ご飯でも可。

蟹肉と海鮮のぜいたく炒飯@中国小菜 双琉

上の写真は,同じくランチ単品の「蟹肉と海鮮のぜいたく炒飯」\980。ご飯にほぐした蟹肉がたっぷりと混ざっている。甲羅が付いてくるということは1杯(1匹)分か。

中国小菜 双琉 (そうりゅう)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へ,スギ薬局・辻整形外科を過ぎた先の道の左(北)側。徒歩4分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 メゾン大友1F 106号
電話: 06-6655-0616
営業時間: ランチ(火~金) 11:45~14:30(L.O.13:45) / ディナー(火~日) 18:00~22:30(L.O.21:45)
定休日: 月曜日
喫煙: 可(ランチタイム禁煙)
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

しゅうまい 一芳亭本店@難波

焼売(シュウマイ)の美味しい老舗の中華料理店があるというので,難波まで出掛ける。なんばCITYから日本橋(ポンバシ)のオタロードへ向かう途中の広めの路地に見付ける。
入ってみると,カウンターが目に入る。小父さん店員に「1階か,2階かどちらにする?」と問われたのだが,カウンターは結構混んでいたので2階へ階段を上がる。2階はテーブル席。ちょっと手狭かな。1人だったが2人席に案内されて,取り敢えず「生中」(生ビール中ジョッキ)\400(以下税込)。スードラのようだ。
で,メニューを拝見。表側は一品とドリンク。種類は少ないが大衆中華としては要点を抑えている。裏側は「しゅうまい定食」など定食数種。ここは普通に食事に入る店のようだ。

しゅうまい@一芳亭本店

上の写真,これは食べなければイケない名物の「しゅうまい」(1人前5個)\320。お店が混んでいたのでしばらく待った後に登場。卓上に練り辛子と醤油・酢などがあるのでお好みでいただく。中国人経営の本格中華では用意がないが,焼売にはやっぱり練り辛子だよな。
で,調味料をセットした上で一口食べてみてビックリ。ふわとろ。今までにない食感で「旨い!」。いやこれは何個でもイケるな。次回は一人当て2人前以上頼もう。ネットの情報によると,この黄色い皮は小麦粉ではなく薄焼き卵だという。小麦粉の入手困難な時代に工夫されたとか。でも,昔は籾殻に鎮座する卵も貴重品だったのでは?

酢豚@一芳亭本店

生ビールをお代わりして,「酢豚」\600を追加。あ,でもこれは私の口には合わず,残してしまった。次回は評判よさげな春巻を試してみよう。
夕方6時過ぎに入店したときには無かった店外の行列が,退店時には発生している。オタロードを少し見物して戻ってきた時には行列は更に伸びている。土曜日は早い時間に入店するのが吉かと。で,行列に遠慮して今回は店頭風景の写真は撮れなかった。

華風料理 一芳亭 (いっぽうてい) 本店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。なんばCITY北館と南館の境目のガードの東「難波中2」の交差点より一つ南の信号のある横断歩道を渡って,先の広めの路地を少し行った道の南(右)側。徒歩1分。
住所: 大阪市浪速区難波中2-6-22
電話: 06-6641-8381
営業時間: 11:30~20:00
定休日: 日曜・祝日
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR