李家風餃子房@西心斎橋

1月5日(火)放送の毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」。その中の<こんなん初めて食べました>のコーナーで吉本の宇都宮まきちゃんが食べていた「伊勢エビ水餃子」を食べに来たのが初めて。今回で3回目となる。

西心斎橋,スポタカの北の道を入ったところにある「大喜ビル」の7階。このビルは,1階に入っている「ヤマダモンゴル」というジンギスカン屋に来たことがある。あと何年も前に3階の「萬福飲茶」という店にも1度来たことがある。で,今回はエレベータで7階の「李家風餃子房」を目指す。「萬福飲茶」もそうだったが,「李家風餃子房」もエレベータを出たところがもう店内。目の前がレジだ。で,予約していたので早速席に案内される。それほど広い店ではないが,狭苦しくもない。まあ標準的な内装。

青島ビール

で,とりあえずドリンクは,青島(チンタオ)ビール。ツレはオレンジジュース。

ピータン@李家風餃子房

上の写真はピータン。本格中華の店に来るといつも前菜に頼む一品。ここのは味が濃くて旨い。

水餃子(伊勢海老)@李家風餃子房

上はお目当ての伊勢海老の水餃子。2人で二人前取った。写真は一人前。まずは何も付けずにいただく。何も付けなくてもいいほど,味が付いている。調味料は,ラー油,刻んだニンニク入りラー油,酢,醤油,餃子のタレと用意されている。焼売用か,小袋入りの練り辛子もある。皮は水餃子用の厚めのもので,どっしりとした食感がいい。具はあっさりとした味付け。

海老蒸し餃子@李家風餃子房

餃子の店なので,海老蒸し餃子もいただく。水餃子とはまた食感が変っていい。プリプリとした皮が特徴。

紹興酒

ドリンクを紹興酒に切り替える。

上海風帆立炒め@李家風餃子房

上の写真は,上海風帆立炒め(小)。一品に「大」と「小」の設定があるのがいい。少人数でも色々と頼める。味付けは塩。上海料理ってこういうあっさりとした味付けが多いなぁ。

炒飯@李家風餃子房

〆の炒飯。メニューに「炒飯」とのみあるが,味付けが独特で旨い。香辛料の使い方が上手いのか。フワパラ度は中くらい。

野菜スープ麺@李家風餃子房

上は,野菜スープ麺。小さな盛り。この「きしめん」風の太い平麺って結構好みなので嬉しい。これも塩味のあっさりしたスープだが,味に深みがあって飽きない。

今日もほぼ満席だった。この店いつ来ても満員だなぁ。安くて旨いと評価されているのか。予約した方が無難。で,勘定は2人で4,893円。

李家風餃子房(りかふうぎょうざぼう)
アクセス: 難波または心斎橋駅下車。御堂筋からスポタカ(スポーツタカハシ)の北の道を西に入って,道の右側の看板の出ているビルの7階。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大喜ビル7F
電話: 06-6484-3655
営業時間: 17:00~23:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ホームページ ちちんぷいぷい 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

イタリアン・バール ストラピエーノ@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子(あびこ)周辺には私が知っているだけでも5軒のイタリアンがある。気付いていないのも合わせるとこの倍以上はあるんじゃないかな。で,その中の一軒。昨年の10月に新規開店したイタリアン・バール「ストラピエーノ」。
間口は狭いが入ってみると奥に深い造り。手前がL字型のカウンターで12席。奥に6席のテーブルがある。が,トイレの向こうに更に14席のパーティールームが隠れている。小柄なシェフが1人で切り盛りしていることも多いが,忙しい日にはフロアにスタッフが入っている。

モレッティ@ストラピエーノ

とりあえずのビールはイタリアでもっとも古いという「モレッティ」330ml\600。日本のビールは「米」が入っていることが多いが,このビール,副原料に「とうもろこし」を使っているんだね。味はまあ軽くて飲みやすい。ちなみに生ビールは\400。

合鴨のロースト@ストラピエーノ

とりあえずのアテは,黒板メニューから「合鴨のロースト カシスのソース」\1,580。ほどよくローストされた合鴨にカシスのソースがよく合う。
ドリンクは2杯目からは,グラスワインの「赤」\400に切り替えて2杯。

明太子のクリームパスタ@ストラピエーノ

〆のパスタ。今日はグランドメニューから「明太子のクリームパスタ」\980をチョイス。明太子とクリームもよく合う。パスタは,スパゲティ・ペンネ・ニョッキなど。ピッツァももちろんメニューに控えている。
と満腹して,今日の勘定は3,960円。

Italian Bar STRAPiENO イタリアン・バール ストラピエーノ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3・4番出口より東へ2・3分,二つ目の信号を越えた先,道の南側
住所: 大阪市住吉区苅田9-2-18 あびこマンション1F
電話: 06-7897-6111
営業時間: 5:30pm~12:00pm(L.O.11:30pm)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

鶴橋ホルモン 金太郎@鶴橋

久しぶりに鶴橋で焼肉。「鶴橋ホルモン金太郎」。地下鉄鶴橋駅6号出入口よりまっすぐ徒歩1分,JR・近鉄鶴橋駅西口より左へ徒歩1分。ガード下のお店(「ぐるなび」の地図は間違い)。鶴橋といえば朝鮮人の街,ましてや焼肉。でも,この店のスタッフは中国人。というわけで,電話で席を予約して,鶴橋駅でツレと待ち合わせ。

白菜キムチ@金太郎

とりあえず生ビール,ツレはマッコリ。霧島酒造の芋焼酎「赤霧島」のボトルがあるのが珍しい。で,突き出し代わりに白菜キムチ。

上塩タン@金太郎

まずは上の写真,どこでも頼む塩タン。メニューに3種類ほどあったが,ツレが薄切りがいいというので「上塩タン」を選ぶ。ほどほどタンの味。無煙ロースターでせっせと焼く。

特上ミスジ@金太郎

続いてこれも好物「特上ミスジ」。肉の甘みたっぷり。こういう赤身の肉々しいのがいい。焼肉のタレにニンニクとヤンニョンジャン(辛味噌)を入れて朝鮮人気分。

特選上ミノ@金太郎

で,日曜日(食肉市場が休み)だが,ホルモンもいっとくかと「特選上ミノ」。これが塊でドンと出て来て驚いた。料理用ハサミを渡されて,自分で好きなように切って焼け,とのこと。赤身の肉はさっと焼く方が好きだが,ミノはじっくり焼いた方が旨い。

テールスープ@金太郎

〆はツレの好物「テールスープ」。骨付き肉がドンと入っている。私はマッコリを追加して,満腹。勘定は2人で6,700円。

鶴橋ホルモン 金太郎
アクセス: 地下鉄鶴橋駅6号出入口よりまっすぐ徒歩1分,JR・近鉄鶴橋駅西口より左へ徒歩1分,ガード下。
住所: 大阪市天王寺区下味原町1-6
電話: 06-6774-1558
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)/ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [鶴橋]

ご馳走亭 すてきや@上本町6丁目

3月まで地下鉄我孫子にあった松阪牛がリーズナブルにいただける居酒屋「御馳走亭すてきや」が,4月から上本町ハイハイタウンの地下1階に移転オープンした。地下鉄我孫子の店は座敷もあるほどほどの箱だったが,上六の店はL字型のカウンター9席だけのこじんまりとした店になった。立ち飲みに簡単な椅子が用意してあるほどの店だが,松阪牛へのこだわりは変わらない。システムも変わって,自分で焼くのではなく,串焼きで提供される。

松阪牛串焼き@御馳走亭すてきや

で,上の写真は,松阪牛「フランク」(左)と「かいのみ」(右)。これに生ビール1杯で1000円ポッキリのセットだ。家に帰れば夕食の待っているお父さんの「ちょっと1杯」にはちょうどいい。私の方は,夕食が待っているわけでもないので,この後,日本酒に切り替えて,何串か適当につまむ。夏の間はおでんが休みなのがちょっと寂しい。

ずわいがに@御馳走亭すてきや

「ずわいがに」の串焼き。上に乗っているカニミソがいい味を出している。

朝掘り竹の子@御馳走亭すてきや

京都の朝掘り竹の子の串焼き。キチンと処理された竹の子が旨い。

刺身かまぼこ@御馳走亭すてきや

刺身かまぼこ。いわゆる「板わさ」か。

じゃがバタ@御馳走亭すてきや

じゃがバタもいい味を出している。

で,地酒もいろいろ揃っているが,今日は個人的趣味で土佐の司牡丹に統一。まずは,「龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたし申候」(超辛口純米酒)を冷やで。辛口ながらコクがある。2杯目は,「金鳳(きんおう)」。マスターのお勧めでヌル燗でいただく。本醸造らしいが,これがヌル燗にぴったり。やはり司牡丹は旨い。で,6品いただいて,生ビール+日本酒2杯で2,950円。

松阪牛専門店 御馳走亭すてきや
アクセス: 近鉄「大阪上本町」駅または地下鉄「谷町9丁目」駅より地下街で直結
住所: 大阪市天王寺区上本町6-3-31 うえほんまちハイハイタウンB1
電話: 06-6772-6338
営業時間: 17:30~23:00(L.O.22:30),ランチ営業あり
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [上本町]

香港海鮮飲茶樓@東心斎橋鰻谷

数年前,香港へ行ってから,しばらく「飲茶(ヤムチャ)」にはまっていた。で,大阪でも飲茶がいただけないかとネットで検索して見つけたのが,心斎橋の「福飲茶樓」。この店はオーナーが変わって閉店してしまったが,その当時のシェフが始めたお店が,東心斎橋・鰻谷北通りの「香港海鮮飲茶樓」。で,以来,たびたびお世話になっている。この記事は5月22日(土)の訪問。
エレベータを出たそこがレジ。店内は中国色満点で豪華な内装。結構広い店でゆったりとしている。スタッフも全員中国人らしく,現地の雰囲気を味わえる。

ピータン@香港海鮮飲茶樓

とりあえず生ビール(プレミアム・モルツ)をオーダーして,回って来たワゴンから前菜を選ぶ。上の写真は「ピータン」。馬鹿の一つ覚えで,本格中華といえばまずこれをいただく。丸く切り分けた店が多いが,ここは金魚の形に並べられている。今日のはいつもより旨い。中国人のツレも同意。仕入れを変えたのか,作り方を変えたのか。

空心菜と湯葉のピリ辛炒め@香港海鮮飲茶樓

野菜も摂らなきゃと,上の写真は「空心菜と湯葉のピリ辛炒め」。量が多いので,空心菜だけでは飽きるだろうと,ちょっと目先を変えた。ピリ辛の味付けで食が進む。

カニ入り餃子@香港海鮮飲茶樓
フカヒレ入り餃子@香港海鮮飲茶樓

「飲茶楼」だから点心も食べなければと,上の写真は「カニ入り餃子」と「フカヒレ入り餃子」。味と食感に変化があって,この組み合わせは良かった。この店の点心は皮がなかなかに美味しい。酒は途中で,紹興酒の燗に切り替える。

活旬の車海老の紹興酒漬け@香港海鮮飲茶樓

今日のメインは上の写真,「活旬の車海老の紹興酒漬け」。車海老のメニューは4つほどの調理方法があって,1匹500円で必要な匹数を指定。調理は「紹興酒漬け」を選んだ。テーブルまで生きた車海老を持って来て,その場で紹興酒を入れる。車海老が容器の中で暴れる。で,しばし放置,厨房へいったん引かれてから,調理されて出て来た。熱々を殻をむいていただく。旨い。

貝柱とレタスと卵白の炒飯@香港海鮮飲茶樓

で,〆は,上の写真,「貝柱とレタスと卵白の炒飯」。フワパラ。卵白の味が前面に出て,レタスがアクセントになっている。

タピオカ入りココナッツミルク@香港海鮮飲茶樓

上の写真は,サービスのデザート。「タピオカ入りココナッツミルク」を選ぶ。タピオカは中国語では「西米」と書くようだ。と,満腹して,勘定は2人で7,960円。

香港海鮮飲茶樓(ホンコンカイセンヤムチャロウ)
アクセス: 心斎橋筋のパルコ(ロフト)の北東角から鰻谷北通りを東に2ブロック行った先,セブンイレブンの2階
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-12-17 ロンスカール高吉ビル2F
電話: 06-6120-6380
営業時間: ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~23:00,土日祝は通し営業 11:00~23:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図

※西梅田のブリーゼブリーゼにも支店がある。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堀江] [南森町] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [上本町] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR