タイ料理 TAWAN THAI@南船場

TAWAN THAI(タワンタイ)

一昨日の土曜日の訪問。先週に引き続き東南アジア方面。ツレとタイ料理を食べに出かける。心斎橋より7分ほど歩き南船場へ。明かりの少ないビル街に一個所明るいテラス席が見える。ネットで検索して見つけたお店,タイ料理の「TAWAN THAI(タワンタイ)」。日が落ちても猛烈に蒸し暑い中,テラス席で飲み会中のグループを横目で見て,冷房の効いた店内に入る。入り口に「タイ王国商務省認定レストラン」とのステッカーが誇らしげに貼ってある。
店内は,手前にテーブル席,奥にカウンター席とトイレ。厨房は更に奥にあるようだ。例によって,王族の写真が掲げられている。象のイラストなどがタイ気分を盛り上げる。BGMもタイ語(?)のポップス。

シンハービール+ココナッツジュース@TAWAN THAI

ドリンクはタイの定番「シンハービール」\650。グラスも「シンハー」のロゴ入り。ツレはタイっぽく「ココナッツジュース」\450。ココナッツミルクって白いけど,ジュースは透明なんだとちょっと驚く。
初めての店なので,料理はコースにする。「アロイディーセット」\2800を2人前。

揚げ春巻き+鶏肉の葉包み揚げ@TAWAN THAI

上の写真,まずはコースの前菜。右が「ポッピアトード(揚げ春巻き)」で,左が「ガイホウバイトーイ(鶏肉の葉包み揚げ)」。揚げ春巻きはベトナムのものと似た感じ。タレはナムプラー(魚醤)と酢を混ぜたものかなぁ。ちまきのように巻かれている鶏肉は味がよく染みていて旨い。

なすのスパイシーサラダ@TAWAN THAI

上の写真は「ヤムマックア(なすのスパイシーサラダ)」。強烈に辛い。タイ料理の本領発揮。辛さにあまり強くない私としてはギリギリ美味しく食べれる辛さ。でも四川料理とは種類の違う辛さだ。辛旨い。

海老のココナッツチリソース@TAWAN THAI

上の写真は「チューチークン(海老のココナッツチリソース)」。「チリ」とあるが,辛くない。ヤムマックアで舌が慣れたのか,ココナッツソースでマイルドになっているのか。

チャーンビール@TAWAN THAI

「シンハービール」がなくなったので,「チャーンビール」\650を追加。グラスもちゃんと「チャーン」のものに変えられる。こういうきめ細かいサービスは嬉しいねぇ。

カオパット(焼き飯)@TAWAN THAI

で,〆の「カオパット(焼き飯)」。ここまでの料理は2人で一皿だったが,これは1人一皿ずつ出て来る。パラパラではないが,ふんわりしっとりの炒飯。こういうの好み。旨い旨いと食べる。

トムヤムクン(手長海老のスープ)@TAWAN THAI

で,タイ料理定番の「トムヤムクン(手長海老のスープ)」。酸っぱ辛い。が旨みが充分に出ている。スープ好きのツレは気に入った様子。

デザート(タピオカ入りココナッツミルク)@TAWAN THAI

で,コースのデザートは「タピオカ入りココナッツミルク」だった。中華の定番だなぁ。でも,タピオカが「これでもか」というほど沢山入っていた。
と満腹して,勘定は2人で7,350円。

TAWAN THAI (タワンタイ)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅,東急ハンズの前より東に2ブロック,北に2ブロック。または長堀橋の交差点より西に2ブロック,北に2ブロック。道の右側。
住所: 大阪市中央区南船場2-6-21 グランビルド心斎橋1F
電話: 06-6263-9900
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00) <日祝>ランチ 12:00~15:00(L.O.14:30)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 年中無休(を目指しています)
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [南船場] [心斎橋] [長堀橋]

ベトナム料理 アンゴン@南船場

ベトナムカフェレストラン アンゴン@南船場

昨日の日曜日夜の訪問。ツレと2人で心斎橋駅北西のベトナムカフェレストラン「アンゴン」へ行く。ここに来るのは3回目ぐらいかなぁ。タイ料理にはあまり美味しい店に当たったことがないのだが,ベトナム料理は5軒ほど知っているが大体ハズレがない。
上の写真は入り口。ビルの西側にある。表には大きなメニューが出ている。階段を上って2階が店舗。40席というからそれなりの箱。竹の家具がベトナムっぽい雰囲気を出している。調理スタッフはベトナムの方のようだが,フロアスタッフは日本人の女性。

サイゴンスペシャル+チャイカイ@アンゴン

まずはドリンク。私はベトナムビールの「サイゴンスペシャル」\700,もう一つの「333(バーバーバー)」よりこちらの方が少し味が濃いので好み。ツレは「チャイカイ」というカクテル\950。「マンゴスチンとマンゴーのトロピカルカクテル 大粒マンゴスチン入り」とある。マンゴスチンって初めて試してみたが,酸味の強い味。

ゴイクン(生春巻き)@アンゴン

ベトナム料理と言えば,まず思い浮かべるのがこの「ゴイクン」という生春巻き。これのみ本数単位の注文だと言うので,2本いただく\330x2。ハーブのよく効いた味が南国っぽい。タレとミソの2種の味でいただく。タレは,ニョクマム(魚醤)と酢を混ぜたものらしい。

チャーゾー(揚げ春巻き)@アンゴン

上の写真は「チャーゾー」という揚げ春巻き\680。パクチーとレタスが付いて来たので一緒にいただく。東南アジアの料理と言えば,この香菜(シャンツァイ・パクチー・コリアンダー)が,どんな料理にも付いて来るねぇ。ベトナム語では「ザウムイ」と言うらしい。癖が強いので好き嫌いがあるらしいが,ツレも私も大丈夫。

柔らか煮豚と緑野菜のライスペーパー巻き@アンゴン

もう一つ,ベトナムっぽいのが,この何でもライスペーパーで包んでいただく料理。上の写真は「柔らか煮豚と緑野菜のライスペーパー巻き」\980。煮豚とパクチーなどの野菜とビーフンにミソとタレを付けて,ライスペーパーで包んでいただく。ライスペーパーは写真右上のように一枚ずつ皿に広げて出てくる。

柔らか煮豚と緑野菜のライスペーパー巻き@アンゴン

とりあえず包んだ様子。包んでからタレを付けると味が薄いので,中の具にたっぷり付けて巻いている。

333(バーバーバー)@アンゴン

最初に頼んだビールがなくなったので2本目。「333(バーバーバー)」\680。ベトナムビールとしては,こちらの方が有名か? 軽い口当たり。

サイゴンの下町チャーハン@アンゴン

最後の〆は,汁麺にするか,炒麺にするか,炒飯にするか。フォー(ベトナムの麺)もいいけど,名前に惹かれて「サイゴンの下町チャーハン」\950という炒飯にする。ちょっと魚介系の味付けの普通の焼き飯といった感じ。確かに「下町」だ。で,食べ切れずに残してしまって,デザートには行き着けなかった。
食事中ずっとほぼ満席で流行っている様子。帰るときも新しい客が来ていた。勘定は,ディナータイムはサービス料10%が付いて,「ぐるなび」のクーポンで10%オフになって,2人で5,544円。

ベトナムカフェレストラン アンゴン AN NGON
アクセス: 御堂筋と長堀通の交差点(大阪市営地下鉄心斎橋駅3号出入口)より西に3ブロック,北に2ブロック,徒歩5分。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区南船場4-11-24 エミービル2F
電話: 06-6282-4567
営業時間: ランチ 12:00~17:00/ディナー 17:00~23:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [南船場] [心斎橋] [四ツ橋]

ヤマダモンゴル 道頓堀店@西心斎橋

先週の日曜日の訪問。北海道人でもないのだが,定期的に羊が食べたくなる。で,ジンギスカン。スポタカの北の通りを入ったところにある「ヤマダモンゴル」道頓堀店へ行く。「道頓堀」と行っても住所は西心斎橋,宗右衛門町の西続きになる。先日行った「李家風餃子房」と同じ大喜ビルの1階。
この店,何回か来ているが,結構流行っているようで,予約しようとして振られることもある。が,今日は日曜だからか席に余裕があった。
で,席に着いてとりあえず生ビール\304。ツレはカルピス\262。この店,ドリンク類は安い。

生ラム肉3種セット@ヤマダモンゴル

で,まずはメインの「生ラム肉3種セット」を2人前。上もも肉・ショルダー肉・ロース肉の盛り合わせ。1人前\1239だが,ホットペッパーのクーポンで\980になる。上の写真は2人前だが,すでに上もも肉を数切れ,スタッフが焼き始めている。

ラムタン@ヤマダモンゴル

上の写真は追加で頼んだ「ラムタン」\787。一時メニューから姿を消していたが,また復活している。

ジンギスカン@ヤマダモンゴル

で,スタッフがセットしてくれたジンギスカン。七輪の炭火の上にジンギスカン鍋。野菜は生ラム肉3種セットに含まれている。
タレは,味噌ダレと醤油ダレの2種。両方に下ろしニンニクをたっぷり入れて交互に肉をいただく。久しぶりの羊肉が旨い。ラムタンは軽く炙って塩と胡椒でいただく。牛タンとはまた違った味わい。

冷やしトマト@ヤマダモンゴル

ツレがあっさりしたもので口直しがしたいと言うので,冷やしトマト\294を取る。

ホッピー@ヤマダモンゴル

生ビールの後は,大阪では珍しい「ホッピー」\304。私はこの店でしか飲んだことがないが,関東地方ではありふれた存在らしい。氷と焼酎の入ったジョッキに「ホッピー」という炭酸水を入れて飲む。ホッピーは半分残るので,追加の焼酎が\189。

あがりラーメン@ヤマダモンゴル

と羊で満腹して〆は,この店での楽しみ「あがりラーメン」\262を2人前。これが旨い。ジンギスカン鍋を片付けた七輪の上にお湯を張った両手鍋を置いて麺を投入。約2分待つ。

あがりラーメン@ヤマダモンゴル

で,ジンギスカンの醤油ダレをお湯で割って胡麻と葱を入れて,つけ麺としていただく。これは食が進むねぇ。男同士なら一人当たり2人前頼んでも大丈夫。
と満足して,勘定は2人で4,624円。

ヤマダモンゴル 道頓堀店
アクセス: 難波または心斎橋駅下車。御堂筋からスポタカ(スポーツタカハシ)の北の道を西に入って,道の右側のビルの1階。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大喜ビル1F
電話: 06-6212-2135
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ホットペッパー 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

鉄板焼 ニュー松坂@阪急三番街

4月11日(日)の訪問。
久しぶりにステーキ。阪急三番街の北館地下2階の「ニュー松坂」を予約してツレと出かける。焼肉もいいけど,やっぱりお肉はステーキだよなぁ。旨いステーキをリッチな気分で食べたくなったときはここへ来る。
ここはカウンターに座ると,目の前の鉄板でシェフが調理してサービスしてくれるお店。とりあえずのドリンクは生ビール(中)とオレンジジュース。で,料理は2人前で10,500円の「ツインディナーコース」。コースは,前菜→焼野菜→サラダ→活車エビと貝柱のグリル→焼野菜→ヘレステーキ→ご飯・味噌汁・香の物と焼きそば→食後のコーヒー,の組み立て。前菜の生肉がまず旨い。で,焼野菜の塩加減が抜群。最初から満足の一言。

活車エビと貝柱のグリル@ニュー松坂

上の写真は,活車エビと貝柱のグリル。エビは香ばしく焼かれて殻ごとポリポリといく。

ヘレステーキ@ニュー松坂

ヘレステーキ。焼き方はレアを指定。塩か山葵でいただくのだが,ニンニクがまた香ばしい。一切れ目は何も付けずにいただく。あっさりしているのに肉の旨みたっぷりの柔らかいヘレ肉をいただいて満足。

店自体はそれなりの広さなのだが,カウンターは席数が限られているので予約は必須。直接行って一杯の時は,携帯電話の番号を言っておくと,席が空いたら呼び出してくれる。大きな地下街の中なので,時間潰しの種には困らない。

鉄板焼 ニュー松坂
アクセス: 阪急梅田駅の直下の阪急三番街の地下2階
住所: 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館B2
電話: 06-6373-3461
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 不定休(阪急三番街に準ずる)
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堀江] [南森町] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [上本町] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR