台湾まぜそば 麺や 一心@地下鉄我孫子

【移転】 (平野区喜連への移転のため)2016年12月に閉店しました。

我孫子筋東側歩道沿いにある地下鉄我孫子(あびこ)の人気ラーメン店「にんにくラーメン はなみち」の入っている常磐(ときわ)ビルのビル内通路を通り抜けた反対側出入口にあるラーメン店。この場所,一見「べらしお」→「五麺八舎(ごめんやっしゃ)」→「一心(いちころ)」とラーメン店が入れ替わったように見えるが,「一心」は「五麺八舎」が店名を変えてリニューアルしただけで,スタッフは変わっていない。なおリニューアルしてから「無化調」「自家製麺」になったらしい。
で,「べらしお」「五麺八舎」の頃は何回か入ったが,「一心」になってからは初めて。表の看板の「台湾まぜそば」に引かれて入った。店内は以前と変わらず,L字型の長いカウンターのみ。入り口脇に券売機。スタッフもフロアの女性と厨房の男性の2人体制と変わらず。

台湾まぜそば@麺や 一心

初めてだが,デフォルトのラーメン類は飛ばして「台湾まぜそば」\750(以下税込)の食券を購入。フロアの女性スタッフに渡して着席。「麺喰い」なので,「油そば」とか「まぜそば」などのような汁なし麺の方が,麺を頬張るという感じが強くて好きだ。
しばらく待って出て来る。確かに「台湾まぜそば」っぽいビジュアルだが,必須の辛い「台湾ミンチ」は入っていないように見える。

台湾まぜそば(まぜまぜ)@麺や 一心

で,「まぜそば」のお約束。タレが絡むように底から徹底的に混ぜる。辛子の有無を聞かれたので入れて貰ったが,ほどんど辛くない。辛いのが好きな人は好みで餃子用のラー油を投入すべきか。豚バラ肉が何枚も入っていて,これが味が染みていて旨い。途中で酢を投入して味変しようとしたが,カウンターの上には見当たらなかったので,奥から出して貰う。うん,酢が入るとさっぱりとして後半飽きない。

〆ご飯@麺や 一心

「追い飯」は別売りだったので,麺を食べ終わったところで,メニューにある「〆ご飯」\100を現金で出して貰う。

〆ご飯(まぜまぜ)@麺や 一心

〆ご飯(追い飯)を残ったタレに投入して,まぜまぜ。味のしみたご飯をレンゲで頂いて満腹。

麺や 一心 (めんや いちころ)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車。1号出入口と3号出入口の中間,「にんにくラーメン はなみち」のあるビルの中通路を通って反対側出口横。徒歩2分。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-28 トキワビル1F
電話: 06-6654-3064
営業時間: ランチ 11:30~15:00 / ディナー 19:00~24:00
定休日: 月曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙 ~14:00)
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

スリランカ料理 セイロンカリー@南船場

今,大阪では「スリランカカレー」がキテいるらしい。お店もそこそこ増えてきている。そんな中での老舗。大正区で営業されていた頃から名前だけは知っていて,機会があれば行こうと思っている内に都心の便利なところに移転された。「セイロン」はスリランカの旧国名,私達が子供の頃は旧英領でインドの南東に浮かぶセイロン島にある国として地図に乗っていた。「セイロン紅茶」なんてのもあったな。
地下鉄長堀橋から歩いて5分,私はお酒を飲むので必要ないが,隣りがコインパーキングなので車でも便利。
店内は結構広い。明るい照明で好印象。日本人の女性スタッフもキビキビと動いている。厨房は現地の方か。

ライオンビール インペリアル ピルズナー@セイロンカリー

取り敢えずドリンク。ここは当然スリランカのビールでしょ。メニューには「ライオンビール」\600(以下税込)が,「ラガー」「スタウト」「インペリアル」と3種ある。「ラガー」と「スタウト」は頂いたことがあるので,初めての「インペリアル ピルズナー」を。しっかりとしたコクがあるのに飲みやすい。
で,初めてなので,メニューでも目立っている定番らしき「アンブラ」\1,000を。デフォルトは日本米らしいので+\200で「バスマティライス」をお願いする。「アンブラ」はカリーを一つ選ぶシステム。好物のマトンはランチで売り切れたというので,インドカレーではありえない「ビーフ」で。

アンブラ@セイロンカリー

ライオンビールを飲みながらしばらく待って「アンブラ」登場。左のビーフカリーにはたっぷりとお肉が乗っている。手前はたぶんレンズ豆のカリーかな。副菜も多種。「パパダム(パパド)」という豆粉のせんべいはカリーの口直し。
まずは2種のカリーと副菜を順に試してみる。いや,味のバラエティがいいわ。それぞれに美味しい。

アンブラ混ぜ混ぜ@セイロンカリー

で,スリランカカレーのお約束,全ての具材をとことんまでかき混ぜる。複雑な味わいに変化する。最初は辛さを感じないが,食べているうちにスパイス感が高まってくる。といっても,それほど辛くはない。
なお「アンブラ」は結構ボリュームがあるので,少食の方はご注意を。

店内@セイロンカリー

壁にはこんな絵がかかっていて,スリランカ気分を高めてくれる。

店舗正面@セイロンカリー

店舗正面。この季節はビニシーが開けられていたので入りやすかった。

セイロンカリー
アクセス: 大阪市営地下鉄長堀橋駅1号出入口のエスカレータを上がって,東(左)へ2ブロック先で北へ左折,北へ2ブロック行った先の道の左(西)に見えるコイン駐車場の北隣りの路面店。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区南船場1-13-4 フロントラインビル1F
電話: 06-6125-5434 / 050-5590-5911
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30) ※予約はディナーのみ
定休日: 木曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: Facebook Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [長堀橋] [南船場]

ステーキ 勘之助本舗@西心斎橋

ステーキ・ハンバーグ・ビフカツ・カレーに特化した洋食屋。低価格で米国産牛のステーキが食べられる。以前はトンカツ屋さんらしかったが,商売替えしたらしい。
夕飯時に難波駅で下車。途中で行き付けのジンギスカン屋の前を通りがかって挫折しかけたが,今日は羊ではなく牛だと初志貫徹。で,お店を発見し,暖簾をくぐって入店。白を基調とした明るく清潔な内装。空間をゆったりと取っていて高級感がある。厨房前の1直線の大理石カウンターは10席。隣りとの間隔を広く取ってあって落ち着く。ネットの事前情報ではテーブル席もあるそうなので,あるいは2階があるのか?
取り敢えずのドリンクは生ビール中ジョッキ(スードラ)\594(以下税込)。

ゴーゴー・ステーキ+Aセット@勘之助本舗

で,メニューを拝見。ランクが上の国産牛ステーキなどもあるが,「和牛」ではない「国産牛」には興味がないので,看板メニューのリーズナブルなアメリカ産アンガスビーフの「ゴーゴー・ステーキ200g」\1,620を。他に150g・300gの選択肢がある。で,ライス単品もあるが,カップスープが付く「Aセット」\270を追加して定食にする。ライスは同じ値段で「大」「中」「小」が選べる。この後,ミナミの街へ飲みに繰り出す予定だったので,おとなしく「中」サイズを。

カップスープ@勘之助本舗

先にカップスープが来た。スープは「コンソメ」か「ガーリックポタージュ」を選べるが,ニンニクに反応してポタージュを。これがガッツリとニンニクが効いている。初めての味。

ゴーゴー・ステーキ200g@勘之助本舗

メインのゴーゴー・ステーキ200g。「インジェクション加工や軟化剤結着剤を使用した加工肉は使用していません」と謳っているので,ファミレス・ステーキよりはワンランク上か。一部に筋と脂身があったが,価格にしては妥当な旨さ。200gは充分な量。
で,ここのステーキの売りはタレらしい。「コクうまデミグラスソース」「にんにくたっぷりデミグラスソース」「和風おろし醤油ソース」の3種が出て来る。支払いが一桁違う目の前の鉄板で職人さんが焼いてサービスしてくれるようなステーキ屋のヘレステーキは塩胡椒だけで十分だが,アメリカン・ビーフではやはりタレは必須だな。3種類を順に試したが,どれもこのお肉によく合う。焼き野菜も美味しくいただけた。
と満足して,勘定は2,484円。

店舗正面@勘之助本舗

玄関は暖簾が掛かった引き戸で,寿司屋か和風居酒屋の雰囲気だが,中は洋風の洋食屋。

大阪・道頓堀 勘之助本舗
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線難波(なんば)駅25号出入口より徒歩5分。御堂筋西側歩道を北に進み,道頓堀橋を渡った北詰交差点角のドン・キホーテ(旧スポタカ)を西へ左折,道の北(右)側を2ブロック行く手前の路面店。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-7-15
電話: 06-6213-5815 / 050-5785-9090
営業時間: ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00) / ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
喫煙: 不可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

フィッシュ&チップス トラベルカフェ@梅田

以前,シャウエッセン押しだった頃,カナダのB級グルメ「プーティン」を食べに来た店。阪急梅田駅直下の便利なところにあって,朝から深夜まで通しで営業している。今回は,UKパブ気分を味わおうとやってきた。もうシャウエッセンとのコラボは終了した模様。

ギネス・エクストラ・スタウト@トラベルカフェ

で,ビールはもちろんギネス。「ギネス・エクストラ・スタウト」\810(以下税込)。自動的に「お通し」\324が付く。

フィッシュ&チップス@トラベルカフェ

で,アテは「フィッシュ&チップス」\842。普通,日本のフィッシュ&チップスと言ったら白身魚フライが多いと思うのだが,ここは青魚の味。何の魚だろう? 時々食べる味なんだが名前が思い出せない。が,その臭みがワイルドで結構イケる。
で,ギネスをもう一本追加して,お勘定は2,786円。エンジンを軽く暖機したところで,夜のキタの街へ繰り出す。

店舗正面@トラベルカフェ

店舗正面もUKパブ風。

過去の「トラベルカフェ」の記事:
    2015/12/27 : シャウエッセン トラベルカフェ@阪急三番街 

トラベルカフェ 阪急三番街店
アクセス: 阪急梅田駅1階コンコース(ビッグマン前広場)の紀伊國屋書店南東出入口から東へタクシー通路を渡ったところ。
住所: 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館1F
電話: 06-7711-6611
営業時間: 月~木 7:30~23:30 / 金・祝前日 7:30~28:00 / 土 8:00~28:00 / 日 8:00~23:30
定休日: 不定休
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[難波] [心斎橋] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [長堀橋] [南船場] [南森町] [堀江] [堺市] [西天満] [天満橋] [天王寺・アベノ] [阪和線] [ドーム前] [淀屋橋] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR