本場台湾ラーメン 味仙@三津寺

【閉店】 2017年04月に閉店しました。

本場台湾ラーメンの店「味仙(あじせん)」の本店。なんばCITYの飲食ゾーン「なんばこめじるし(なんこめ)」に支店があるらしい。台湾ラーメンと言っても単に「台湾ラーメン」と称する名古屋ラーメンの店ではなく,本物の台湾ラーメンの専門店。店名も「みせん」ではなく「あじせん」と読む。
三津寺筋の路地の奥突き当りにクランク状のカウンターのみ15席ほど。酔客の〆のラーメン御用達らしく,平日の7時前は貸切状態だった。
席についてメニューを見ると「あっさり」から「激辛」まで4段階の辛さ。「台湾麺」「担仔麺」「炸醤麺」「四川麺」と順に辛くなるらしい。一番辛い「四川麺」の横には「ケツとケツアツに注意」と書いてある。余り辛さに強くない(食べる分には大丈夫だが,汗が吹き出す)私は辛さ下から2番めのピリ辛「担仔麺(タンツーメン)」税込750円。

担仔麺@味仙

上の写真は担仔麺のビジュアル。台湾ミンチとセロリの細切れが特徴的だ。
取り敢えずレンゲでスープを一口。独特の「あぁ台湾だなぁ」という香りがする。台北駅のフードコートの通路に充満していた香りだが,こちらはほんのりなので苦手な人でも大丈夫。スープは,日式ラーメンのような「こってり」ではなく,ごくごくあっさりだが,充分に旨味がある。飲みの〆に最適。

担仔麺リフティング@味仙

で,リフティング。麺は,台湾麺専門の製麺所から取り寄せているそうだ。中細ストレートの卵麺。
煮玉子は固茹で。日式ラーメン的には半熟味玉なんだが,台湾ではこちらが普通なのか?

看板と路地@味仙

三津寺筋の路地の奥突き当りだが,路地入口に目立つ黄色の看板が置いてある。灯りが点っていれば営業中。

味仙 (あじせん) 心斎橋店
アクセス: 地下鉄難波(なんば)駅14号出入口より北へ徒歩4分,地下鉄心斎橋駅6号出入口より南へ徒歩5分。御堂筋三津寺の南を三津寺筋(みってらすじ)へ東に入った道の心斎橋筋寄りの南側の路地の奥突き当り。路地入り口に黄色い看板あり。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋2-6-19
電話: 06-6212-5060
営業時間: 18:00~翌5:00 / 日祝 12:00~翌2:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [長堀橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [堀江] [南森町] [西天満] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [上本町] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR