香港海鮮飲茶樓@東心斎橋鰻谷

数年前,香港へ行ってから,しばらく「飲茶(ヤムチャ)」にはまっていた。で,大阪でも飲茶がいただけないかとネットで検索して見つけたのが,心斎橋の「福飲茶樓」。この店はオーナーが変わって閉店してしまったが,その当時のシェフが始めたお店が,東心斎橋・鰻谷北通りの「香港海鮮飲茶樓」。で,以来,たびたびお世話になっている。この記事は5月22日(土)の訪問。
エレベータを出たそこがレジ。店内は中国色満点で豪華な内装。結構広い店でゆったりとしている。スタッフも全員中国人らしく,現地の雰囲気を味わえる。

ピータン@香港海鮮飲茶樓

とりあえず生ビール(プレミアム・モルツ)をオーダーして,回って来たワゴンから前菜を選ぶ。上の写真は「ピータン」。馬鹿の一つ覚えで,本格中華といえばまずこれをいただく。丸く切り分けた店が多いが,ここは金魚の形に並べられている。今日のはいつもより旨い。中国人のツレも同意。仕入れを変えたのか,作り方を変えたのか。

空心菜と湯葉のピリ辛炒め@香港海鮮飲茶樓

野菜も摂らなきゃと,上の写真は「空心菜と湯葉のピリ辛炒め」。量が多いので,空心菜だけでは飽きるだろうと,ちょっと目先を変えた。ピリ辛の味付けで食が進む。

カニ入り餃子@香港海鮮飲茶樓
フカヒレ入り餃子@香港海鮮飲茶樓

「飲茶楼」だから点心も食べなければと,上の写真は「カニ入り餃子」と「フカヒレ入り餃子」。味と食感に変化があって,この組み合わせは良かった。この店の点心は皮がなかなかに美味しい。酒は途中で,紹興酒の燗に切り替える。

活旬の車海老の紹興酒漬け@香港海鮮飲茶樓

今日のメインは上の写真,「活旬の車海老の紹興酒漬け」。車海老のメニューは4つほどの調理方法があって,1匹500円で必要な匹数を指定。調理は「紹興酒漬け」を選んだ。テーブルまで生きた車海老を持って来て,その場で紹興酒を入れる。車海老が容器の中で暴れる。で,しばし放置,厨房へいったん引かれてから,調理されて出て来た。熱々を殻をむいていただく。旨い。

貝柱とレタスと卵白の炒飯@香港海鮮飲茶樓

で,〆は,上の写真,「貝柱とレタスと卵白の炒飯」。フワパラ。卵白の味が前面に出て,レタスがアクセントになっている。

タピオカ入りココナッツミルク@香港海鮮飲茶樓

上の写真は,サービスのデザート。「タピオカ入りココナッツミルク」を選ぶ。タピオカは中国語では「西米」と書くようだ。と,満腹して,勘定は2人で7,960円。

香港海鮮飲茶樓(ホンコンカイセンヤムチャロウ)
アクセス: 心斎橋筋のパルコ(ロフト)の北東角から鰻谷北通りを東に2ブロック行った先,セブンイレブンの2階
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-12-17 ロンスカール高吉ビル2F
電話: 06-6120-6380
営業時間: ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~23:00,土日祝は通し営業 11:00~23:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図

※西梅田のブリーゼブリーゼにも支店がある。
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [堀江] [南森町] [西天満] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [上本町] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [鶴橋] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR